« ストーリーテリング・ストーンと教え | Main | デニス・バンクス、日本への祈り 石川史江訳 »

Sunday, March 20, 2011

ホピは日本と母なる地球のバランスを回復するための祈りへの参加を求める

Revised]10:52AM,2011/03/27

ホピは日本と母なる地球のバランスを回復するための祈りへの参加を求める


2011年3月17日

ホピは今、バランスを失ったこの世界で危機に直面した日本の人々のために、そして世界の人々のために祈っている。

現在は、誰もが母なる地球の大きな変化の時のなかにおり、今起きていることはすでにわれわれのエルダーによって以前から予言されていた。予言も、儀式も、地球のわれわれの聖なる大地が泣いていることを伝えている。そして子供たちは、彼らの未来のためにホピがいのちのバランスを回復してくれることを求めはじめている。

われわれのエルダーたちは、この幾多の変化のなかをいかに通り抜けるかについて、導きを与えてくれていた。人類は今すべてのいのちが従うことになる細い道を選びつつあり、われわれはいずれこの日が来ることを知っていた。

ホピとして、われわれは、あなたがこの仲間に加わり、母なる地球とすべてのいのちのバランスをとるための祈りの輪に加わることを求める。たくさんの祈りをとおして多くの良きハートと共に祈ることで、われわれのエルダーたちが言っていたように、この間に起きた出来事の衝撃を軽減することが出来ると信じている。

ダライ・ラマや世界の人々と共に、日本と地球とすべてのいのちのために癒しを送るための祈りに、われわれはホピとして加わる。この変化の時にあって、世界のすべての人々に、よりバランスのとれた生き方に戻ることを求める。

ホピは言う。われわれがこの変化の時を通り抜けていけるための道はあると。それは、地球を敬い、そのすべてのいのちを敬い、母なる地球の上を優しく歩くことだと。われわれのハートを未来に繋がるこの細い道の心とひとつにもう一度つなぎ直すことだと。

子供たちの未来の世代のすべてのいのちのために、庭で作物を育て、それに水を与えることで、われらの聖なるいのちを敬い、あなたのハートを母なる地球を讃えるホピに繋ぎ合わせてください。


カワク・ワ ロロマニ
(ありがとう。未来に良きことが起こりますように)


リーウェイン・ロマイェステワ
キクモングイ シュンゴパヴィ村チーフ


LeeWayne Lomayestewa
Kikmongwi, Chief of Shungopavi Village
traditionalhopi@gmail.com


revised_version_hopi_japan

|

« ストーリーテリング・ストーンと教え | Main | デニス・バンクス、日本への祈り 石川史江訳 »

Hopi Message」カテゴリの記事

Comments

わたしたちは、このホピ族からの呼びかけに対して、以下のメッセ―ジを生物多様性COP11のサイドイベントにて国際政治学者を通じて発信しました。

==========================

<ホピ族の祈り・自然の神々と共に生きる日本の兄弟からのメッセージ>

ホピ族の民へ、世界の人々へ、そして日本の人々へ

すべての人類が母なる地球の兄弟であると感じている日本の兄弟たちは、東日本大震災の折、ホピ族の民を始め、世界の人々からの愛の祈りに心から感謝している。そして、ホピ族の呼びかけに従うことを決断した。

歴史が文字で綴られるようになる前、日本の民も、ホピ族をはじめ、世界の兄弟たちと同じように、我らが全てをゆだねられる唯一の存在である自然の中で、山に川に道に神々を見、風、雷に神々を聞き、自ら住まう地域の神に祈り、

巫女(預言者・シャーマン)などを通じて授かる自然の神々からのメッセージを中心に、自然の神々を魂で感じながら自然の神々と共に生きていた。当時、祭りと政治は不可分な関係にあった。

二千年ほど前、大規模な統一が行われ、一部の兄弟は、中国大陸、朝鮮半島を経由して伝承されたインダス文明、黄河文明の中で生まれた教義を持つ宗教と政治に魂をあずけるようになり、神々と共に生きることをしなくなった。そして、その数は増えていった。

1868年、明治維新を契機に、今度は西欧文明の中で生まれた還元主義的科学を基にした政治によって、魂は更に見失われた。

この時より、日本の多くの兄弟たちも還元主義的科学信仰の道を歩みだした。そして、大日本帝国主義を生み出すに至り、二つの世界大戦を経て、われわれは更にアイデンティティと魂を見失っていった。

1945年、還元主義的科学の申し子・原爆の投下は、日本の民のみならず、すべての人類兄弟の意識に、種の絶滅を予感させる恐怖心を植えつけた。

1970年代、アメリカのアポロ計画により、母なる地球の姿をわれわれは初めて目にした。これは、われわれに、母なる地球、そして神々の存在を意識にのぼらせる為の恩寵であったとわれわれは感じる。

20世紀、初頭には心理学の世界で意識をはるかに超える無意識という存在が、物理学の世界で不確定性の原理が発見され、

ガンジーやマンデラなどによって非暴力不服従という生き方が提唱され、違った形で神々を意識すること、魂の道を歩むことが促されていた。

しかし、日本に住む多く兄弟たちは、その後も魂を見失ったまま歩み続け、そのスピードは増していった。そして、1995年1月17日阪神淡路大震災、大地の神と火の神によって魂の道を歩むことを促された。

しかし、わたしたちはこの警告をも生かしきれず、毎年3万人を超える自殺者を出す間違った道を歩み続けた。

そして、2011年3月11日東日本大震災、今度は大地の神と水の神によって警告を与えられた。しかも、もうひとつの還元主義的科学の申し子・原発の事故を伴って。

この二つ震災で多くの兄弟たちの魂が犠牲となっている。にもかかわらず多くの日本の兄弟たちは今なお科学信仰の道を歩き続けようとしている。

われわれは、数は少ないけれども神々の力と共にある兄弟たちと魂の道を歩むことを決断した。

太古の昔、先祖がおこなっていたように、偉大なる存在・グレイトスピリットが、すべての生命をしあわせへと導いてくださることを信じて祈り、魂を通じて聞こえてくる神々の声に従って、愛と智慧の道を歩むことを決断した。

この道を歩むことは川の流れをさかのぼるような苦楽を伴うかもしれない。

しかし、ホピ族や東ティモールの独立を勝ち取った民たちをはじめ、魂の道を歩む伝統を守り続ける先住民族と呼ばれている人々、また、幸運にも魂との繋がりを回復することのできた人々、

この道を歩む先人、兄弟がいる。日本でも阪神淡路大震災を契機に魂に目覚めた兄弟たちは増え続けている。

これらの人々の生き方に学び、母なる大地、自燃の神々と共に生きる生き方を思い出し、この魂の道をすべての人類・兄弟が歩むヴィジョンを持ち続けて生きることを、われわれは決断した。

一人でも多くの母なる地球の兄弟たちが一日でも早くこの道を共に歩まんことを、神々に祈る。

           
母なる地球の上で
神々と共に生きることを決断した
日本の兄弟一同 より

The following is a message to the peoples of Japan and of the World in Response to the message we received from the Hopi Nation.

We, a few Japanese, believe that all the peoples on this Earth are the siblings of our Mother Earth. In the face of the Great East Japan Earthquake, we received prayers of love from the Hopi Nation and from peoples around the globe. We are sincerely grateful to them and hereby would like to declare that we have decided to follow the call from the Hopi Brothers and Sisters.

Before we started to record history in writing, the Japanese people, as our siblings in the world such as the Hopi Nation, did live with the Spirits in nature, we could feel their presence with our souls. We could feel them in mountains and rivers, while travelling, or when winds blew and thunder rumbled. We also prayed to the Spirits of our own communities and received their messages thorough oracles or shamans. Nature was the only being we could completely depend on and festivals and politics were inseparably linked by nature at that time.

However, after a large scale national unification took place in Japan some 2000 years ago, some of our brothers and sisters ceased to live with the Spirits in nature and began to dedicate their souls to politics and religions that were brought to Japan from China and Korea with its teachings originating from the Indus and Yellow River Civilizations. Unfortunately, such people increased in numbers over time.

Then, a greater number of people in Japan lost their souls in the wake of the Meiji Restoration in 1868 due to the introduction of politics and policies that were based on the reductionistic Science, reducing the universe to material realities only, derived from the Western Civilization.

Subsequently, many of our brothers and sisters in Japan also started to believe in reductionistic Science, resulting in the emergence of the “Great Japan” Imperialism. We further lost sight of our identities and souls while undergoing two World Wars.

In 1945, atomic bombs, a creation of this reductionistic Science, were dropped on Japan, which instilled in Japanese people, and many around the world, a sense of terror for a possible extinction of the human race.

Meanwhile, the U.S. Apollo program in the 1970s allowed us to witness the appearance of our Mother Earth for the first time in history. We feel that this was the grace of the Spirits that led us to become aware of our Mother Earth and their presence.

There were also fresh discoveries in the fields of psychology and physics in the early 20th century: we found the existence of a state of unconsciousness that goes beyond consciousness and the principle of uncertainty in the behavior of matters was discovered. Also, Mahatma Gandhi and Nelson Mandela advocated a new philosophy of non-violence and civil disobedience. Through these events, people were encouraged to become aware of the presence of Spirits in different ways and walk on the path of the soul.

However, many of our brothers and sisters of Japan continued walking and even sped up on the wrong path with their souls remaining lost. The consequence of this mistake was the Great Hanshin Earthquake that occurred on January 17, 1995 and we were prompted by the God of earth and the God of fire to enter the path of the soul.

In spite of this revelation, we failed to learn a lesson from this warning and kept on taking the wrong path with the number of suicides exceeding 30,000 each year.

As a result, we received another warning from the Spirit of earth and the Spirit of water through the Great East Japan Earthquake on March 11, 2011 followed by an additional disaster at a nuclear power facility which is another product of the reductionistic science.

These two disasters victimized the bodies and souls of so many people but many of our brothers and sisters in Japan still try to stick to their faith in Science.

Therefore, we, however small in numbers, have decided to walk hand in hand on the path of the soul with our brothers and sisters who are empowered by the Spirits.

In deciding to walk on the path of love and wisdom, we believed and prayed that the Great Spirit would guide all lives to happiness and followed the voices of Spirits we heard through our souls as our ancestors did in time immemorial.

Walking on this path may be as tough as going against the current of a river.

However, we have forerunners and brothers and sisters on this path―trying to protect the tradition of walking on the path of the soul are indigenous peoples such as the Hopi Nation who are free by themselves and the East Timorese who won their independence. Some lucky people have been able to recover the connection with their souls. More and more brothers and sisters in Japan have also awaken in soul since the Great Hanshin Earthquake

We are now determined to learn from such people, recall the way of life with our Mother Earth and with all the Spirits in nature, and lead our lives with the vision that someday all the human race, our brothers and sisters will walk on this path of the soul.

We pray to the Spirits that as many brothers and sisters on our Mother Earth as possible will join us in walking on this path as soon as they can.
           
This is the message from some Brothers and Sisters in Japan who have decided to live together with the Spirits on this Mother Earth.

Posted by: 星野 和広 | Saturday, October 13, 2012 at 05:26 PM

I loved as much as you will receive carried out right here. The sketch is tasteful, your authored material stylish. nonetheless, you command get got an nervousness over that you wish be delivering the following. unwell unquestionably come further formerly again as exactly the same nearly a lot often inside case you shield this hike.

Posted by: twitter follow | Tuesday, November 04, 2014 at 04:51 PM

It iis the best time to make some plans for tthe futurte and it's time to be happy. I have read this post andd if I could I wish to suggest youu few interesting things or tips. Perhaps you could write next articles referring to this article. I want to rea more things about it!

Posted by: Http://Www.Urowing.Com/ | Sunday, November 30, 2014 at 10:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/51169900

Listed below are links to weblogs that reference ホピは日本と母なる地球のバランスを回復するための祈りへの参加を求める:

« ストーリーテリング・ストーンと教え | Main | デニス・バンクス、日本への祈り 石川史江訳 »