« ほぼこの1ヵ月の間にぼくがTwitterで公開してきたものなど | Main | 『地球のレッスン』が本日発売されました »

Wednesday, December 16, 2009

縄文トランスのなかでネオネイティブは目を醒ますか 27日 ラビラビ+北山耕平

Last Modified Monday, December 17, 2009

今日は新月だね。明日から見えはじめる月が丸くなるのは1月1日だ。これから一週間ほど夜が長いとき。みんなはなにをして夜を過ごしているだろうか? 今年はいろんなところでお話しをしてきた。最初は新春1月に、鎌倉の長谷と言うところにあるエスニック雑貨ショップ「Middles」の協力を得て、ランドアンドライフのイベントとして、極楽寺のアナンさんの邸宅を開放してもらったところで、50人ほどの人たちを前にして話した。それからは夢のなかだ。琵琶湖のほとりで、加古川市の遺跡公園で、仙台の東北大学の近くのスペースにたくさんの人が集まって、また世田谷の羽根木公園でお母さんたちを前にして話したのも記憶に残っている。先日は立教大学の五号館の建物の教室で話した。立教大学を訪れたのは卒業以来2度目で、池袋が別の街のようになっているのに驚愕した。そうやって月に一度ぐらいは、有料無料を問わず話してきたし、高円寺のマーブルトロンでは4回連続の講義もした。いずれの機会も多くの人と出会うことができた。で今回は今年最後のイベントの話をしたい。

27日の月齢12日の夜だ。唄があり、話がある鎌倉由比ヶ浜の宵になる。呼んでくれたのはRabiRabiという音楽ユニット(女性ふたりと男性ひとり)。ラビラビとの出会いは、圏央道のトンネル工事をSTOPさせるための高尾山のコンサートだった。深い森のなか、コンサートの間にぼくは話をさせてもらった。そこでぼくははじめてラビラビを見た。2回目は、新潟県中越地震の震源地で行われたメモリアルイベントの会場で、ラビラビは沈んでいく夕日の作り出した夕焼けに向かって祈るように歌い演奏していた。日本列島の声を聞きながら、東へ、西へ、北へ、南へと、ラビラビはいつも大地を踏みしめて、足の裏からエネルギーを吸い上げるようにして、コンサートの旅を続けている。きっと今夜もどこかの旅の空の元だろう。今回、今年最後のトークを、今年最初のトークをした鎌倉エリアで行うことができるようになったのは、そのラビラビのおかげである。彼女たちが抱きしめ続けている地球についての話しも聞いてみたいし、日本列島にまだ日本などという国がなかった頃からの時間を超えた話をしながら、冬至を過ぎて闇から光りへと時間が転換しつつある瞬間を共に楽しみたい。ラビラビについては、ご存じの方もたくさんいるかもしれないし、はじめて名前を聞いたという方はその公式ホームページを見ていただきたい。



来る12月27日(日)に鎌倉の長谷にあるエスニック雑貨ショップ「Middles」の協力イベントとして、RabiRabi&北山耕平のトークアンドライブが、由比ガ浜のオーガニックカフェ麻心で開催されます。

詳細は以下のようになっています。

限定30名なので、都合の合う方はすぐに予約を!

定員に達したため、予約終了。ありがとうございました。


以下は、RabiRabiからの告知文です。


2009年の最後はトークとライブで交流を深めるイベント「根っこの絵文字」です。これまで、ラビラビ自身が旅のこぼれ話をおはなしてきましたが、3回目のトークは素晴しいご縁をいただいて、北山 耕平さんが来てくださることになりました。ラビラビの大切なキーワードたち「縄文」「根っこ」「原始」...がまさにこの夜、確かな言の葉となってみんなへとつながっていきます。

- 09.12.27 sun @神奈川 鎌倉市 麻心 「ラビラビpresents 根っこの絵文字 3」

- Talk Guest : 北山 耕平さん

- Live : ラビラビ

- Open/17:00 Start/18:00 Close/21:00

- Charge/3,500円 1ドリンク付き 
 ※30名限定 売り切れが予想されます。お早めのご予約をおすすめします。

- ご予約 お問合せ : 
 ・0467-25-1414/麻心 または
 ・「根っこの絵文字 予約」の件名で、お名前 , 人数 , お電話番号を

info@rabirabi.com

まで送信してください。

- The organic & Hemp Style Cafe & Bar 麻心 : 神奈川県鎌倉市長谷2-8-11 2F

http://www.magokoroworld.jp/

|

« ほぼこの1ヵ月の間にぼくがTwitterで公開してきたものなど | Main | 『地球のレッスン』が本日発売されました »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 縄文トランスのなかでネオネイティブは目を醒ますか 27日 ラビラビ+北山耕平:

« ほぼこの1ヵ月の間にぼくがTwitterで公開してきたものなど | Main | 『地球のレッスン』が本日発売されました »