« 新潟大学の近くに飛来した雌のトキに大学が訪問を祈願して学長の名前で交付したとされる学生証(この女の子のトキは昨年9月に放鳥された) | Main | 日本列島における地球に生きる人の歴史と、学校で教わる日本の歴史はまったくの別物だと、あなたに気がついてほしいから »

Friday, October 23, 2009

ニール・ヤングの「ポカホンタス」に感じるネイティブへの思いをきみとわけあうために


  ポカホンタス

             歌 ニール・ヤング
             訳 北山耕平


  オーロラが輝き
  夜の空は凍てついて
  パドルが水を切る
  あわてて飛び乗った長い飛行
  白人の世界から緑の原野に帰る
  そこはいまだ見ることのない故郷

  われわれのティピで行われた惨殺
  切り倒された愛しい女性たち
  残された子どもたちは
  地面の上で泣いていた
  銃声がして、幌馬車がきて
  太陽が沈むと共に夜が訪れた

  バファローの皆殺し
  向かいの土手から斜め撃ち
  踏みつけにされたわが大地
  見るべきものはなにもない
  階段の上の小さな箱のなかには
  敷物(ラグ)とぼくのパイプだけ

  猟師にでもなっていれば
  生皮を何枚でもあげよう
  ポカホンタスと眠れるなら
  そして確かめてみたい
  緑の原野で迎える朝の気持ち
  いまだ見ることのない故郷の朝を

  そこにはマーロン・ブランドもいて
  ぼくたちはまるく火を囲み
  地面に座ってハリウッドの話をする
  お金で借りる良いもののこととか
  アストロドームのこととか
  最初のティピの話とか
  マーロン・ブランドと
  ポカホンタスと
  ぼくの
  三人で

*ポカホンタスは、ニール・ヤングと彼のバンドだったクレイジー・ホースが1979年に発表した「ラスト・ネヴァー・スリープス(Rust Never Sleeps)」に収められている。翻訳は、極力オリジナルのイメージを伝えたくて北山が初めからやり直した。ニール・ヤングの眼を通して見えるネイティブ・ピープルの世界をお楽しみください。英語の歌詞は続きにあります。

  Pocahontas by Neil Young

  Aurora borealis
  The icy sky at night
  Paddles cut the water
  In a long and hurried flight
  From the white man to the fields of green
  And the homeland we've never seen.

  They killed us in our tepee
  And they cut our women down
  They might have left some babies
  Cryin' on the ground
  But the firesticks and the wagons come
  And the night falls on the setting sun.

  They massacred the buffalo
  Kitty corner from the bank
  The taxis run across my feet
  And my eyes have turned to blanks
  In my little box at the top of the stairs
  With my Indian rug and a pipe to share.

  I wish I was a trapper
   would give thousand pelts
  To sleep with Pocahontas
  And find out how she felt
  In the mornin' on the fields of green
  In the homeland we've never seen.

  And maybe Marlon Brando
  Will be there by the fire
  We'll sit and talk of Hollywood
  And the good things there for hire
  And the Astrodome and the first tepee
  Marlon Brando, Pocahontas and me
  Marlon Brando, Pocahontas and me
  Pocahontas.

#Pocahontas was released on Young's 1979 album, Rust Never Sleeps.

|

« 新潟大学の近くに飛来した雌のトキに大学が訪問を祈願して学長の名前で交付したとされる学生証(この女の子のトキは昨年9月に放鳥された) | Main | 日本列島における地球に生きる人の歴史と、学校で教わる日本の歴史はまったくの別物だと、あなたに気がついてほしいから »

Native Visions」カテゴリの記事

Comments

今にも焚き火の音がしてきそうです。

ニールヤングといえば今年のグラストンベリーに
出てましたね。
本能的な彼のギターの弾き方がとても好きです。
まるで終りのない物語を聴いているような・・・

そういえばどことなく北山さんと雰囲気が似てますよね!

Posted by: rainbow cloud | Friday, October 23, 2009 at 08:50 PM

初めてこのサイトを拝見した時、
実は一番最初に心に思い浮かんだのが
この曲のことでした。

ティピ
ポカホンタス

この"Rust Never Sleeps"というアルバムは
最高です!

Posted by: o-lha | Sunday, October 25, 2009 at 09:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/46560581

Listed below are links to weblogs that reference ニール・ヤングの「ポカホンタス」に感じるネイティブへの思いをきみとわけあうために:

« 新潟大学の近くに飛来した雌のトキに大学が訪問を祈願して学長の名前で交付したとされる学生証(この女の子のトキは昨年9月に放鳥された) | Main | 日本列島における地球に生きる人の歴史と、学校で教わる日本の歴史はまったくの別物だと、あなたに気がついてほしいから »