« 明治時代の日本人はインディアンを見てなにを考えたのだったか | Main | どうかわたしたちに与えてください どうかわたしたちに教えてください »

Thursday, September 10, 2009

【緊急】上関原発予定地から届いた声を世界の四つの隅まで届けたい!

友人から以下のような声が届いた。

stop_hand本日10日8時前、中国電力は上関原発予定地の埋め立て工事に向けた作業の着手にかかり、13km離れた平生町の田名埠頭に置いてあるブイ(浮標)を工事区域に設置するため、クレーン台船を向かわせましたが、祝島の漁船数十隻が田名埠頭前でバリケードをつくり、クレーン台船の接岸を阻止しています。

kaminosaki

周囲には、中国電力の船、海上保安庁の船、マスコミの船、シーカヤックなどが入り交じり、上空はマスコミのヘリコプターやセスナ機計5機が飛び交い、騒然としています。陸上では祝島の住民ら50人余りが座り込み、マスコミ関係者や周辺住民らが集まっています。

現在、中電側も阻止側も大きな動きはなく、しばらく膠着状態が続くと思われます。この阻止行動が何日続けられるかは分かりません。長期にわたる阻止行動は、高齢化した祝島住民への負担も大きくこれまでの例だと数日程度でバリケードは解除されるかも知れません。週末の12・13日には、さらに多くの抗議住民が集まると思われ、抗議集会も予定されているようです。



現地周辺(地図)には駐車場もあり、座り込みや阻止行動の様子を見ることは誰でも可能です。


詳細および最新情報はRadioActive

参考記事:

next 原子力はクリーンで安全なエネルギーかどうかもう一度よく考えよう

Beadline.jpg
  原子力について忘れてはいけない呪文(改訂版)

  *原子力はクリーンエネルギーじゃない。
  *原子力は安いエネルギーじゃない。
  *原子力は地球温暖化への解答じゃない。
  *原子力は安全なものじゃない。
  *ウラニウム採掘には危険がいっぱい。
  *核兵器の投げかけた脅威は終わってない。
  *核廃棄物の問題はずっと未解決のまま。
  *核施設の誘致はその土地を豊かにしない。

|

« 明治時代の日本人はインディアンを見てなにを考えたのだったか | Main | どうかわたしたちに与えてください どうかわたしたちに教えてください »

Koyaanisqatsi (Life out of balance)」カテゴリの記事

Comments

明後日は私の町、高浜でも経済産業省主催でプルサーマルシンポジウムが行われます。人口1万人の町で700人が集まります。個人情報を提出後に国が提出した参加証を手にした者だけが入ることができる不自然なシンポジウムです。

私は最後に発言をしようと思っています。
マスコミが入りますし、小さな町での公の場ですから正直、戸惑いもあります。

グリーンアクションや美浜の会に沢山の情報をいただきました。どの情報をもって発言をしようか、考えました。けれど知識だけでは打ち砕けないものを打ち砕くために今がある事もまた感じています。

新しい扉を開くことができますように
ただただ祈るばかりです。

Posted by: 樹心 | Friday, September 11, 2009 09:36 PM

樹心さま

セージを焚きましょう。

Posted by: Kitayama Smiling Cloud Kohei | Friday, September 11, 2009 10:41 PM

http://mainichi.jp/select/world/news/20090921ddm007030109000c.html

国連で世界で核廃絶の方向へ動くのなら、この世界の動きが日本全国の原子力開発、プルサーマル、ウラン処理工場の反対のために戦ってる人達のチカラになることに希望を持ちたい。

Posted by: ぼりがー | Monday, September 21, 2009 07:59 AM

ぼりがーさま

ぼくもそう願いますが、核廃絶への世界の動きは、いまのところ「本当の意味での核廃絶」ではなく、「核の平和利用」を容認した上での話しになっているのが現状なのが、最大の難問です。厳重に管理された上での最小の医学利用をのぞいた上での、すべての核の廃絶、戦争利用も、平和利用もふくめたあらゆる核の廃絶に向かう動きに流れが向かうことを祈りたいです。地球は1つであり、水も1つですし、空気も1つであって、すべてはつながっているという認識に立つことができれば、その一部が放射能で汚染されることはそのうえで生きるあらゆる生命にたいする脅威であることを、なによりも人間は理解しないといけないのでしょう。

北山耕平

Posted by: Kitayama "Smiling Cloud" Kohei | Monday, September 21, 2009 09:20 AM

私もプルサーマル反対の話をいろんな人々にしていく上で、あくまで私は地球を一つの生命体(ガイア)として、私もその地球に生きる一人の人として、プルサーマル反対の発言を繰り返してきたのですが、人々の地球に対するガイアとしての認識の薄さに愕然としてしまいました。
今後、私は長崎県出身で長崎で生まれ育った人としてもプルサーマル反対の発言に立ち上がります。
だって11月から始まってしまうんですもの。
それと同時期に世界が核をなくそうと動く意思を見せ始めたのなら、日本こそ核の『平和利用』に対する認識を改めなければなりません。

日本の裏側に住んでる人達も、世界の隅々の人々がよくないと思ってることを『被爆国』である日本が始めてしまうのを電力会社がどう責任持って稼働しようとしてるのか意見を聞きたいところです。
                  

             
                      

           
                     

                      

Posted by: ぼりがー | Monday, September 21, 2009 06:06 PM

原子力発電所を建設して、非効率な科料発電所を廃止すべきですね。

原子力発電所建設に伴う環境影響は少なく、漁業権買い上げによる自然環境保護の影響が大きくなります。

Posted by: 良く考えたら | Monday, January 03, 2011 08:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【緊急】上関原発予定地から届いた声を世界の四つの隅まで届けたい!:

» 【原子力発電】祝島を助けて! [野人魂]
どうぞ知らせてください。 あなたの家族に。 あなたの友達に。 あなたの恋人に。 そしてあなた自身は続けてください。 日々の暮らしの中で、 大切だと思うことを。 答えはありません。 ゴールもありません。 臆病な一歩でもかまいません。 最初は腰が引けてもイイ。 途方もないと思えることに、 踏み出してみましょう。 あなたの「行動」が耕す。 豊かな社会。 何もしない? 何ができ... [Read More]

Tracked on Monday, September 14, 2009 06:38 PM

« 明治時代の日本人はインディアンを見てなにを考えたのだったか | Main | どうかわたしたちに与えてください どうかわたしたちに教えてください »