« 縄文時代の終わりと弥生時代のはじまり ー 日本列島でなにが起こってこんな今になったのかを理解するために | Main | アルジャジーラが世界に流したひさしぶりのラコータ共和国ニュース あるいはラッセル・ミーンズおじさんの挑発は今も続いている »

Thursday, August 20, 2009

今日は彼女が奇跡としてこの世界にやってきた日

white_buffalo

8月20日は聖なる白いバッファローとしてこの世界に生まれ「ミラクル」と名づけられた特別な存在の15回目の誕生日に当たる日です。1994年の8月20日に、ウィスコンシン州のハイダ牧場でアルビノではない白いバッファローの子どもとして誕生しました。ラコタ、ダコタ、ナコタの国々の人たちは、自分たちに伝えられていた予言(レイム・デイアー王の語った予言を参照のこと)の成就として彼女を受け入れ、彼女の守護者となり、この報せを世界に広めました。南北アメリカ大陸だけでなく、世界中のネイティブの人たちに大切なメッセージを残したその特別な存在は、その生涯に体の色を4回変えたあと、彼女が10歳になった秋の2004年の9月にスピリットの世界に旅立たれました。ぼくがこのブログをはじめるきっかけのひとつになったものも、彼女の誕生でした。

arrowhead_small Miracle, the Sacred White Buffalo - Janesville, Wisconsin

arrowhead_small ラコタの聖なる人であり、メディスンマンであり、おそらくは「ヘヨカ(へそまがり道化)」でもあった故ジョン・ファイアー・レイム・ディアーが、1967年に語ったホワイト・バッファロー・カーフ・ウーマン(白いバッファローの仔牛の女)についての話 ホワイト・バッファロー・カーフ・ウーマン

|

« 縄文時代の終わりと弥生時代のはじまり ー 日本列島でなにが起こってこんな今になったのかを理解するために | Main | アルジャジーラが世界に流したひさしぶりのラコータ共和国ニュース あるいはラッセル・ミーンズおじさんの挑発は今も続いている »

To All My Relations」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今日は彼女が奇跡としてこの世界にやってきた日:

« 縄文時代の終わりと弥生時代のはじまり ー 日本列島でなにが起こってこんな今になったのかを理解するために | Main | アルジャジーラが世界に流したひさしぶりのラコータ共和国ニュース あるいはラッセル・ミーンズおじさんの挑発は今も続いている »