« レオナルド・ペルティエの仮釈放を認めるかどうかをきめる公聴会がまもなくペンシルバニアで開かれる ペルティエのための正式な公聴会が開かれるのは1993年以来はじめて | Main | 日本列島で生きているすべての人は日本人の知識人とされる人たちが基本的に作成した「アイヌ有識者懇談会が政府にたいして提出した報告書の概要」ぐらいにはとりあえず眼を通しておくべきではなかろうか »

Wednesday, July 29, 2009

UPDATE! 4時間にわたるペルティエの仮保釈を認めるかどうかの公聴会が終了し、あとはアメリカ政府がどのような答を出すかに注目が集まっている

newsレオナルド・ペルティエを擁護し不法と闘う委員会[The Leonard Peltier Defense Offense Committee (LP-DOC) ]は先ほどペンシルバニアのリューイスバーグにある刑務所の前から以下のような臨時ニュースを出している。

FourFeathers焼けつくような暑さとひどい湿気にもかかわらず、集まった数百人の群衆は、ペルティエの法定代理人であるエリック・サイツがあらわれてみなの前で口を開くまで、何時間も待っていた(実際は4時間ほど)。彼は「FBIの方には委員会にたいして、レオナルドの行為に新しい証拠を提示できるようなものはなにもなかった」と語った。レオナルドは1時間から1時間半にわたって委員会からの聴聞に答えた。聴聞をした委員はすべての書類に眼を通し提言を出すまでに24時間から48時間が必要だと回答した。仮釈放観察委員会が最終決定をくだすまでに(法的には)3週間ほどの時間がある。レオナルドは今日彼のためになされたすべての努力について感謝の念を表明した。エリック・サイツは自分は「楽観的だ」と述べた。

arrowhead_small The Leonard Peltier Defense Offense Committee BREAKING NEWS

arrowhead_small Leonard Peltier's 4 Hour Parole Hearing Is Officially Over

arrowhead_small Attny Eric A. Seitz Talks to Wanbli after Leonard's Parole Hearing July 28 2009 youtubeyoutube

|

« レオナルド・ペルティエの仮釈放を認めるかどうかをきめる公聴会がまもなくペンシルバニアで開かれる ペルティエのための正式な公聴会が開かれるのは1993年以来はじめて | Main | 日本列島で生きているすべての人は日本人の知識人とされる人たちが基本的に作成した「アイヌ有識者懇談会が政府にたいして提出した報告書の概要」ぐらいにはとりあえず眼を通しておくべきではなかろうか »

Native News Update」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/45772877

Listed below are links to weblogs that reference UPDATE! 4時間にわたるペルティエの仮保釈を認めるかどうかの公聴会が終了し、あとはアメリカ政府がどのような答を出すかに注目が集まっている:

« レオナルド・ペルティエの仮釈放を認めるかどうかをきめる公聴会がまもなくペンシルバニアで開かれる ペルティエのための正式な公聴会が開かれるのは1993年以来はじめて | Main | 日本列島で生きているすべての人は日本人の知識人とされる人たちが基本的に作成した「アイヌ有識者懇談会が政府にたいして提出した報告書の概要」ぐらいにはとりあえず眼を通しておくべきではなかろうか »