« 話しかけてくる不思議なサボテンであるペヨーテの伝説が読みたいときは | Main | レオナルド・ペルティエの仮釈放を認めるかどうかをきめる公聴会がまもなくペンシルバニアで開かれる ペルティエのための正式な公聴会が開かれるのは1993年以来はじめて »

Tuesday, July 28, 2009

われわれをとりまいているすべての生きものたちとの聖なる関係についてブラック・エルクはつぎのように語っていた

Black Elk family photo

start_quote相手がどんなに小さくて、のそのそ動き回るものであろうと、そうした生きものだって、われわれに貴重なレッスンを学ばせてくれることがないわけではない。ほんとうに小さな蟻たちですら、人間になにごとかを伝えたがっているかもしれないのだ。end_quote.gif

start_quoteイクトミ(蜘蛛)はおおむかしはヒトだった。いまのわれわれと同じような人間だ。彼はこの世界で最も早く成熟し一人前となった。だから抜け目のなさでは人間はとても彼におよばない。すべての人と動物に名前を与えたのはイクトミであり、話術を最初に自分のものとしたのも彼だった。end_quote.gif

start_quoteすべての生きものたちのなかで最も重要なのは翼を持つものたちである。なぜなら、翼を持つものたちはいちばん天に近いところにいるからだ。翼を持つものたちは、四つ足たちのような地を這い回る小さなヒトたちのように、大地に縛られることはない。あの連中の宗教はわれわれのものと同じだ。彼らは地球で起こることのすべてを見、餌としてつかまえるものを絶対に見逃さない。end_quote.gif

ヘハカ・サパ(ブラック・エルク) 1863年12月ワイオミングのリトルパウダーリバーに生まれ、1950年8月にサウスダコタのパインリッジで没。キリスト教の伝教者となった時代の写真を借りてきたウィキペディアの英語版にはつぎのように書かれている。

【要約】オグララ・ラコタの有名な聖者(ホーリーマン)であり、メディスンマンであり、ヘヨカ(道化)であり、チーフ・クレイジー・ホースの2番目のいとこ。1892年に最初の奥さんとなるケイティ・ウォー・ボンネットと結婚。彼女は敬虔なクリスチャンだったために、もうけた3人の子どもたちも洗礼を受けた。ケイティが亡くなった1903年、彼も洗礼を受けて、伝教者としてニコラス・ブラック・エルクという名前になる。キリスト教の教えと部族の伝統的な信仰の間に矛盾をまったく感じていなかった節がある。1905年にふたりの娘のいる未亡人のアンナ・ブリングス・ホワイトと再婚し、さらに3人の子供をもうける。2番目の奥さんのアンナは1941年に亡くなる。晩年にジョン・ナイハルトならびにジョセフ・エプス・ブラウンのふたりの作家や教育者が彼の言葉をまとめて何冊かの本を残した。

ここに今回紹介したのは、われわれ人間をとりまいているすべての生きものたちとの聖なる関係の一端をうかがわせるもので、モンタナ大学宗教学部教授として2000年に亡くなったジョセフ・エプス・ブラウンが聞き書きしたものから。どうでもいいインディアン関係の本の翻訳が増えるなか、彼についての本が『ブラック・エルクは語る』しか今はまだ日本語で読めないのは実に悲しいことであります。

|

« 話しかけてくる不思議なサボテンであるペヨーテの伝説が読みたいときは | Main | レオナルド・ペルティエの仮釈放を認めるかどうかをきめる公聴会がまもなくペンシルバニアで開かれる ペルティエのための正式な公聴会が開かれるのは1993年以来はじめて »

Ho! (Quote of the Day)」カテゴリの記事

Comments

最近虫やら鳥が意思を持って私の目の前に現れてきてくれてるような気がするんです。それはよく神社仏閣に行ったときにあるのですが、雀や鳩chickが拝もうとしている私の目の前をビューッと横切ったり、蝶やらみたことのない虫が手の甲にひっついてなんかやってたり(なかなか離れようとしない)あとは行き詰まってる時なんかにもよくあるんです。人に話すと「何言ってんの」という感じですけど(;´д`)トホホ…

そんな中、脳学者で虫採集が趣味の先生のブログに「もう虫を盗らないでください」とコメントしたら採用されませんでした。まあ当たり前かもしれませんが...これ以上、虫や鳥やその他の生き物たちが生きにくい世界にはしたくないんですよね(u_u。)

Posted by: ことり | Tuesday, July 28, 2009 at 10:59 PM

>ことりさんへ
神社仏閣でのそのような小動物を使った神様からのお知らせは、あなたを見ていますよ。ということです。行き詰まった時に多いのなら参拝しておみくじを引いてみましょう。メッセージを下さいます。

Posted by: ユリッチ。 | Wednesday, July 29, 2009 at 03:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/45754998

Listed below are links to weblogs that reference われわれをとりまいているすべての生きものたちとの聖なる関係についてブラック・エルクはつぎのように語っていた:

« 話しかけてくる不思議なサボテンであるペヨーテの伝説が読みたいときは | Main | レオナルド・ペルティエの仮釈放を認めるかどうかをきめる公聴会がまもなくペンシルバニアで開かれる ペルティエのための正式な公聴会が開かれるのは1993年以来はじめて »