« ネイティブ・ピープルのものの見方と考え方・入門編という講座を行います | Main | 新しき人たちへ »

Thursday, June 04, 2009

ファーザー・サンにこのところ元気がない件

father_sun_kokopelli
artwork by Robert Montoya : Sun Father Kokopelli

太陽の活動が200年ぶりの低水準にまで落ち込んでいる。これまでのパターンだと再来年には活動の極大期を迎えるはずなのに、活発さの指標となる黒点がほとんど現れない。研究者も「このままだと地球はミニ氷河期に入る可能性がある」と慌て始めた。
太陽活動には数百年周期の変動も知られる。17〜18世紀には約70年間、黒点がほぼ消え、欧州では英国のテムズ川が凍るなど「ミニ氷河期」に陥った。東京大宇宙線研究所の宮原ひろ子特任助教は「ここ1千年でも活動の極小期が5回あり、前回が1800年ごろ。歴史的には、そろそろ次の極小期に入ってもおかしくない」と指摘する。

Asahi.com が昨日流したニュースの一部だ。このところファーザー・サンに元気がない。マザー・アースは息も絶え絶え状態。いったいなにが起きているのか? 北半球においては今月は太陽の力が最もみなぎる時期である。夏至の日には、心ばかりのセージを焚いて、ファーザー・サンにさらなる旅を続けるエネルギーがもたらされ、マザー・アースの聖地にスピリットが還られることを祈ろう。

Source : 弱る太陽 活動200年ぶりの低水準(2009年6月3日14時30分)

|

« ネイティブ・ピープルのものの見方と考え方・入門編という講座を行います | Main | 新しき人たちへ »

Mother Earth News」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ファーザー・サンにこのところ元気がない件:

« ネイティブ・ピープルのものの見方と考え方・入門編という講座を行います | Main | 新しき人たちへ »