« 百済王族の日本人子孫が1400年ぶりに韓国へ墓参 | Main | 北山耕平5月の出没予定 »

Monday, May 11, 2009

奇跡が起きるために必要なふたつのもの

なにごとにも正しい時と場所があると、エルダーたちが口をそろえて言っていた。少なくともメディスンを扱う世界においてはそのふたつがそろって訪れる機会はめったなことではない。だから正しい時に逃さずそれを得なくてはならないと。つまり奇跡のようなものが起こるためにはふたつのものが必ず必要になるのだ。ひとつは正しい時であり、ふたつめは正しい場所である。ネイティブの人たちが伝えられている儀式の手順をことさらに大切にする理由もそこにある。世界のどこであれ、儀式というのはあらかじめ決められて確かめられた手順にしたがっておこなわれていく。そのことで時と場所のふたつを調整してふたつが同時に顕現するようにする仕組みが儀式なのである。このあらかじめ決められた手順が、正しい時と正しい場所への扉を開けるひきがねとなる。そして扉は開くにさいしてはスビリチュアルな世界に向かって開く。つまりスピリチュアルな世界というのは、正しい時と正しい場所においてわれわれに入口の扉が開くものなのである。

|

« 百済王族の日本人子孫が1400年ぶりに韓国へ墓参 | Main | 北山耕平5月の出没予定 »

Go in Peace (Teachings)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 奇跡が起きるために必要なふたつのもの:

« 百済王族の日本人子孫が1400年ぶりに韓国へ墓参 | Main | 北山耕平5月の出没予定 »