« アメリカの先住民であるイロコイの人たちに伝えられた「大人になるときに聞かされる話」を聞く会が6月1日におこなわれます | Main | 地球という惑星を救うためになにをしなくてはいけないか »

Friday, May 22, 2009

アイダホ州の草原で150年ぶりに誕生した純粋のバファローの子ども

The first calf born at Broken Kettle Grasslands Preserve

北米大陸のバイソン(バファロー)はもともと部族で大陸の上を移動していた。部族は当然さまざまに混血して行くことになったが、そのほとんどがいわゆる「牛」との混血部族で、これまでフルブラッドのバファロー部族といえばたったの2集団しか知られていなかった。ひとつはサウスダコタのウインドケーブ国立公園(Write Wind Cave National Park)にいる部族と、もうひとつはアイダホ、モンタナ、ワイオミングにまたがるイエローストーン国立公園にいる部族だ。そして今回、アイオワのブロークンケトル・グラスランド保護区(Broken Kettle Grasslands Preserve)で、昨年にサウスダコタから移動させられてきた28頭の部族のなかに、今回アイダホ州の草原においては150年ぶりに牛の血の混ざっていないフルブラッドの−−遺伝子の上からも牛の遺伝子がまったくはいっていない−−バファローが誕生したことがわかった。

追記 大平原においては最も偉大で神聖な存在であるバファローの側から見るとバファロー・ネーションに新しいフルブラッドの誕生はとてもうれしいことであるだろう。HO!

Source : The Nature Conservancy in Iowa - Iowa: Bison Calf Born at Broken Kettle Preserve

|

« アメリカの先住民であるイロコイの人たちに伝えられた「大人になるときに聞かされる話」を聞く会が6月1日におこなわれます | Main | 地球という惑星を救うためになにをしなくてはいけないか »

Mother Earth News」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/45093716

Listed below are links to weblogs that reference アイダホ州の草原で150年ぶりに誕生した純粋のバファローの子ども:

« アメリカの先住民であるイロコイの人たちに伝えられた「大人になるときに聞かされる話」を聞く会が6月1日におこなわれます | Main | 地球という惑星を救うためになにをしなくてはいけないか »