« アイヌは縄文人の単純な子孫ではないという結論が | Main | 鈴木峻隆老師の話す英語はぼくにはまるでアメリカ・インディアンのエルダーの話す言葉のように聞こえるのだった »

Thursday, February 05, 2009

百まで数えることを学ぶには オマハ一族の話

home_of_native_family

いていのネイティブ・アメリカンの社会にはいくつもの結社がある。それは部族全体に影響を与える組織で、オマハを代表する結社は白い貝殻結社と呼ばれ、一族の者たちから尊敬されるものだけが加盟を許された。そしてその若者はなんとかして一族の者から尊敬を得られる人間になって結社の一員になりたいと願っていた。

エルダーのひとりが青年にむかってこう言った。

「そのためにはな、お前は百まで数えることを学ばねばならない」

それを聞いて青年は思った。「なんだ、簡単じゃないか」


る日、薄汚れたひとりのホームレスの年寄りが町に入ってきた。老婆は見るからに痩せこけていた。町人のなかには彼女の姿を見ただけで追い立てるものもいた。冷たい眼差しで老婆の背中をにらみつけてなにごとかをつぶやくものもあった。

そうしたなか老婆に同情を寄せたのは例のエルダーだった。老人が声をかけた。

「そこのおばあさん、そう、あんただ。うちへ来て休んでいくといい」

彼はそういうと老婆の肩に手をかけてやさしく彼女を自らの家に案内した。

「さあさあ、どうぞ」

老人は老婆をキッチンに招き入れて椅子に腰掛けさせると、喉が渇いているだろうと水を入れたコップを差し出した。老婆はその水を飲み干してほっと一息ついた。それを見て彼は次に鍋からスープを皿に取ってそれを老婆に食べさせた。

それから老人は自分の妻と娘たちを呼び寄せた。

「このおばあさんに風呂を浴びさせてあげなさい。着替えには、先だってわしがギブ・アウェイのためにビーズ細工を施したバックスキンのドレスを着せてな。あとここにある新しいモカシンも履かせてあげておくれ」

娘たちは力をあわせて老婆に湯浴みをさせ、髪を洗い、櫛をあて、新しい服に着替えさせた。そしてそれが住むと、老人の家族は彼女を一家の住人として共に暮らすことを受け入れた。


れからしばらくしてからのことだった。

くだんの若者がその家の新しい住人となった年寄りのおばあさんを見つけた。

「あの人、ホームレスだった人だよね? 誰がこんなことをしたんだい?」

それを聞いてエルダーがこたえた。

「これが、ひとつだ」


このお話の別バージョン:

100まで数える (オマハに伝わる教えの物語)

|

« アイヌは縄文人の単純な子孫ではないという結論が | Main | 鈴木峻隆老師の話す英語はぼくにはまるでアメリカ・インディアンのエルダーの話す言葉のように聞こえるのだった »

Storytelling Stone」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 百まで数えることを学ぶには オマハ一族の話:

« アイヌは縄文人の単純な子孫ではないという結論が | Main | 鈴木峻隆老師の話す英語はぼくにはまるでアメリカ・インディアンのエルダーの話す言葉のように聞こえるのだった »