« ドキュメンタリー映画「TOKYO アイヌ」のプロモーション用で製作の途中経過を伝える映像が公開された | Main | なにかを知ることとはどういうことか? »

Monday, February 02, 2009

3月28日、土曜日、午後8時半から9時半まで Earth Hour 2009 にあなたも参加を

Earth Hour 2009これまでも「百万人のキャンドルナイト」など、地球環境を考え、意識を高めるるためのさまざまな試みがおこなわれていますが、オーストラリアのシドニーで暮らす人たちが一昨年の2007年からはじめた「地球のための1時間(Earth Hour)」が、今年も3月におこなわれるというニュースを伝えておきます。この日を予定表に書き込み、地球のことに関心のある友だちや、知りあいに伝えてください。

「地球のための1時間(Earth Hour)」とはわたしたち一人一人が地球規模の気候変動などにじゅうぶん関心を抱いていることを世界に知らせていくために自発的に電気のスイッチを切る示威行動で、今年はあなたがどこに暮らしていようが、地球時間の3月28日午後8時30分から9時30分までの一時間にわたっておこなわれます。


2009年3月28日、土曜日

8:30 − 9:30 pm


Earth Hour 2009


2007年の最初のアースアワーには、オーストラリアのシドニーだけで2百20万の家庭や会社や企業や役所が参加しました。1年後、昨年のアースアワーには世界370の都市で5000万ものグループが参加しました。今年2009年にはインドのWWF(世界自然保護基金)も参加して世界1000の都市で10億の過程企業自治体等の参加を目的に現在計画が進められていて、アースアワー2009実行委員会では、世界各地の各国の政府機関や、各市町村自治体や、コミュニティーや、企業、個人に引き続き参加を呼びかけています。

アースアワーとは、世界の人たちが自分の暮らしている土地の時間で、同じ日の午後8時半から9時半までの一時間だけ電気をすべて消すことを求めるもので、それは人々がほんの少し意識を地球のことに向けて行動をおこすだけで地球にとって好ましい大きな変化をもたらすことが出来ることを世界中で確認して希望に火を灯すためのものです。

個人で、会社で、組織で、地域で、市町村で、国で参加するようになると、3月28日は地球を廻るように電気を使わない時間が地球を一周することになります。変化は誰にでも起こすことが出来るのだということを確認するためにも、みんなで参加しましょう。電気のスイッチを意識的に切ればよいのです。

参加の意思表明やその他の詳細は以下まで。

reddot Earth Hour

|

« ドキュメンタリー映画「TOKYO アイヌ」のプロモーション用で製作の途中経過を伝える映像が公開された | Main | なにかを知ることとはどういうことか? »

Mother Earth News」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。
年々参加する人々や団体が増えていることはステキなことですね。

この日行うつながりを世界中の人々が重要な事と考え、日常から意識を変えていければ、もっとステキですね。

私も友人知人にお知らせをしたいと思います。

Posted by: EQUALIZE | Tuesday, February 03, 2009 at 09:17 AM

こんにちは!
私は今年はじめてEarth Hourの存在を知り、日本でも広めたいと活動を始めました。
まず、手始めに今年は仲間を集めてキャンドルディナーを企画しています!
少しづつでも、輪が広がればなぁと思っています☆

Posted by: Erika | Thursday, March 26, 2009 at 10:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/43932995

Listed below are links to weblogs that reference 3月28日、土曜日、午後8時半から9時半まで Earth Hour 2009 にあなたも参加を:

« ドキュメンタリー映画「TOKYO アイヌ」のプロモーション用で製作の途中経過を伝える映像が公開された | Main | なにかを知ることとはどういうことか? »