« Happy birthday, Lakotah! | Main | 目を閉じると見えてくるもの »

Thursday, January 01, 2009

年のはじめに贈る言葉のささげもの

Offering


ツァラギ(チェロキー)に伝えられた
人と人との絆のための掟


汝の言葉が真実を語りますように。

とにかく他のものの良きところを語れ。

頼りがいがあり、寡黙な人であれ。

激しい怒りのもたらす内なる障害を押さえ込め。
それはすべての人たちの内なる美を見えなくさせる。

この世界の完全さを無駄にするな。
むさぼり求める力に警戒を怠るな。

目をこらしてすべての人に内なる光を見る人間たれ。
比較することなく、すべてをありのままに見よ。

いのちにむかうときは敬意を払え。
汝のハートから無知を排除せよ。

殺すな、そして激しい怒りを持ち運ぶな。
それは一本の矢のごとく平和を打ち砕く。

やらねばならぬことを悟ったときには
時をおかずしてそれをおこなえ!


|

« Happy birthday, Lakotah! | Main | 目を閉じると見えてくるもの »

To All My Relations」カテゴリの記事

Comments

一年の始めの日に、
この叡智を学べて、
ほんとうにうれしい気持ちです。

Posted by: 江戸川散歩 | Thursday, January 01, 2009 at 08:37 PM

一年の初めの日に、
素晴らしい教えを学べたこと、
とてもうれしい思いです。
本年もお体に気をつけてがんばってください。
いつも楽しみに拝読しています。

Posted by: 江戸川散歩 | Thursday, January 01, 2009 at 09:16 PM

昨年はいろいろ学ばせていただきありがとうございました。そして、そこから自分の中でいろいろ気付くことができました。

そして、新年から素敵なパワー溢れる言葉をありがとうございます。今年も拝読させていただきます。

Posted by: シナール | Friday, January 02, 2009 at 03:03 AM

あけましておめでとうございます。
本年も学びの場としてお邪魔させていただきます。宜しくお願いいたします★
ディズニー映画を観よとのお告げから(笑)手にしたのは「ポカホンタス」でした。blogに感想をUPしていますがこの掟はまるで映画のストーリーの根幹にあるメッセージと感じました。

Posted by: ユリッチ。 | Saturday, January 03, 2009 at 07:58 PM

新しい年のはじめに、まっすぐに突き抜ける言葉、魂
ありがとうございました
そしていつもありがとうございます
今年もよろしくお願いいたします
2009年、少しでも多くの人が、手を繋ぐことに気づき、平和の輪が少しずつでも大きな輪となっていきますように

Posted by: どんぐりひとつ | Sunday, January 04, 2009 at 10:22 PM

 今年は、言葉を大切に扱えるように、
そして少しでも行動に表せるように、
平和の祈りを捧げることを忘れずに
本、また貴ブログ・講演等で、昨年よりも
もっと深く学べたらと思います。

 新年は天候もよく、とても穏やかに始まり
ました。今年もまた、この空のような、雲の
ような、北山さんの益々の御活躍をお祈り
申し上げます。
 本年も、どうぞ宜しくお願い致します。

Posted by: Rin | Wednesday, January 07, 2009 at 09:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/43593078

Listed below are links to weblogs that reference 年のはじめに贈る言葉のささげもの:

» 嘯月吟風 [PIPEDREAM別館]
明けましておめでとうございます 新年にあたりNY大学の病棟に残されていた詩を送ります 大きな事を成し遂げるために 力を与えてほしいと神に求めたら 謙遜を学ぶようにと弱さを授かった。 より偉大なことができるようにと健康を求めたのに より良きことができるようにと病弱を与えられた。 幸せになろうとして富を求めたのに 賢明であるようにと貧困を授かった。 世に人々の賞賛を得ようとして成功を求めたのに 得意にならないようにと失敗を授かった。 人生を享楽しようとあらゆるもの... [Read More]

Tracked on Thursday, January 01, 2009 at 04:19 PM

« Happy birthday, Lakotah! | Main | 目を閉じると見えてくるもの »