« 年のはじめに贈る言葉のささげもの | Main | ヨーコ・オノからの2009年最初のメッセージ »

Tuesday, January 06, 2009

目を閉じると見えてくるもの

「目を閉じたときに見えるもの、それが大事なのだ」

---- ジョン・ファイアー・レイム・ディアー ラコタ


目を閉じて、頭と心を静めると、われわれの眼前に別の世界が展開される。ラコタの偉大なヘヨカ(道化・世界を逆さまに見る人)でメディスンマンであったレイム・ディアー翁の逆説的な言葉が伝えようとしているのは、そのことだ。頭と心が静まれば、われわれにはわかる。頭と心が静まれば、われわれの耳には聞こえる。頭と心が静まれば、われわれには見える。頭と心が静まれば、われわれは感じることができる。すべての人の内側の深いところに、囁くような小さな声がひそんでいるという。その声のくる場所を見るためには、時にはわれわれはふたつの目を閉じて、知覚を塞がなくてはならない。目を閉じて見ることを、ときどきわれわれはする必要があるのかもしれない。自分の子どもや、配偶者と話をしているときなど、目を閉じてその声に耳を傾けてみる。その声の響き方に耳をこらしてみよう。声のなかにある興奮に耳を傾け、声のなかにある痛みに耳を傾けてみる。そしてひたすらに聞くこと。

|

« 年のはじめに贈る言葉のささげもの | Main | ヨーコ・オノからの2009年最初のメッセージ »

Go in Peace (Teachings)」カテゴリの記事

Comments

I constantly emailed this blog post page to all my associates, as if like to read it then my links will too.

Posted by: berry taste | Thursday, October 23, 2014 07:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 目を閉じると見えてくるもの:

« 年のはじめに贈る言葉のささげもの | Main | ヨーコ・オノからの2009年最初のメッセージ »