« 母親の背中で世界を見ていたときの記憶 | Main | インディアンはまぐわいの季節になると »

Monday, December 01, 2008

全天で最も明るい星たちの饗宴を見ましたか

2008年12月1日

ここ数日、夕方、日没直後の南西の空に、金星と木星と三日月(月齢4日)がたとえようもなく美しく輝いている光景が見れます。今日はよく晴れて夕焼けでしたからなおさらきれいでした。この3つの星たちの饗宴は、多少空の空気が汚れていたとしても、その明るさのゆえに世界中の空で見ることができます。なにしろこれら3つの星たちは、太陽をのぞけば全天で最も明るく輝く天体なのです。明日もきっと見れるはず。

|

« 母親の背中で世界を見ていたときの記憶 | Main | インディアンはまぐわいの季節になると »

Sky Watcher's Guide」カテゴリの記事

Comments

昨日は見逃してしまいましたが、今夜はみられました!
金星は愛の星、木星は拡大・膨張を意味するそうで、
そして満ちていく月の三角関係なんて、
空はドラマティックです。

Posted by: Y.Shima | Tuesday, December 02, 2008 07:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 全天で最も明るい星たちの饗宴を見ましたか:

« 母親の背中で世界を見ていたときの記憶 | Main | インディアンはまぐわいの季節になると »