« 大陸と半島からの侵攻におびえて百済の亡命貴族は九州島西部に城を築いたのだった | Main | 「メディスン・パワーがほしくはないかね?」 »

Thursday, November 06, 2008

ワン・フー・ヘルプス・ピープル・スルーアウト・ザ・ランド

Last Modified 10:46 pm, Thursday, November 6, 2008

obama

アメリカ合衆国の44代目になる大統領がきまった。勝利宣言の生中継をCNNで見ながら、今のようなリザベーション体制ができあがる以前の昔のアメリカ・インディアンがアメリカの大統領のことを「ワシントンにいる偉大な白人の父(グレイト・ホワイト・ファーザー)」と呼んでいたことを思い出した。今回新しく大統領に選ばれた47歳の彼は、白人でも黒人でも黄人でも赤人でもなく、今風の言葉で言うとそれらのさまざまな色が織りなす「レインボウ・トライブ」のひとりなのだが、シカゴのグランド公園につめかけた数万の人々を前にして「アメリカにチェンジが訪れた」と語りかけたその宣言において、あえて彼はネイティブ・アメリカンの人たちの力添えが今回の選挙戦で果たした大きな役割について語っていた。実際今回の投票において、ミシガン、ニューメキシコ、ワシントン、オレゴン、ミネソタ、ウィスコンシン、ネバダ、ハワイなどのネイティブ・アメリカンの人たちの影響の大きな州における勝利は無視できない。彼はホワイトハウスの中にネイティブ・アメリカンの問題を国と国の問題として扱う最高機関を設置すると公約している。歴代のアメリカの大統領のなかで、アメリカ・インディアンの部族の一員として迎え入れられた人間はこれまでいたことがなかったのだが、レインボウ・トライブの彼は今年の5月にクロウの国を訪れた際に正式に部族の一員に認められている。そしてその時に彼に与えられたインディアン・ネームを背負って彼は2ヵ月後にワシントンの偉大な父となるのだ。「大地のいたるところで人々を助ける男(One Who Helps People Throughout the Land)」それが、クロー一族が彼に与えた名前である。

*上の写真は The Boston Globe という新聞社が提供する Boston.com のサイトで「The next President of the United States」というタイトルの元に昨日掲載されていた44代目のアメリカ大統領になる男の写真の一枚。さすがという写真が集められているのでぜひご覧ください。

|

« 大陸と半島からの侵攻におびえて百済の亡命貴族は九州島西部に城を築いたのだった | Main | 「メディスン・パワーがほしくはないかね?」 »

Native News Update」カテゴリの記事

Native Time (Herstory)」カテゴリの記事

Comments

素晴らしいNEWSですね!
期待します!!

ホワイトバッファローも
誕生しないかな!!

Posted by: 眞司 | Thursday, November 06, 2008 06:31 PM

はじめまして。オバマ氏がインデアンネームを持っているなんて、感動しました。ありがとうございました。

Posted by: ユリッチ。 | Friday, November 07, 2008 10:33 AM

その名の通りの人物であることを願って止みません。

緑のニューディール政策や「あの」チェイニーの遠縁であること以上に
人間としての本質の道を彼が歩めますように。

Posted by: はづき | Friday, November 07, 2008 11:03 PM

そうでした。彼の当選で生きる尊厳を再認識したのは、
黒人ばかりではなかったですね。
The Boston Globeの写真、本当にどれもSo Cool!です。

Posted by: Noritan | Saturday, November 08, 2008 10:02 AM

はじめまして。

僕もオバマ氏の当選は非常に喜ばしく、また世界の変化に一石を投じるすばらしい事だと思います。

正直結果が出るまで(世論調査など)オバマ氏有利との情報を得るたびに、今までのアメリカでの悪夢(歴史上での暗殺など)が蘇り、不安で仕方なかったのは事実です。
(未だに不安はあります)

が、これからの「CHANGE」に期待したいと思います。

あとは、初の「黒人大統領」や「白人以外の大統領」という人種の特定をしなくなる日を心待ちにしたいと思います。

あの人、この人など今のように人種に着眼点を置かない報道や、人々の認識が浸透し、どの世界に行っても「人は人」という認識で通用する時代を心待ちにしています。

この世の中に存在する全ての物が「EQUAL」になるのはまだまだ時間がかかると思われますが、そういった時代が来ることを切に長います。

Posted by: EQUALIZE | Saturday, November 08, 2008 02:39 PM

いやーすごい写真ばかりでした。
これを選ぶのがいいですね。 さすがクラウドですね。
トラックバックさせて下さい、のちほど、、。
いつもみています。 青雲編読みましたよ!!
良かったです!!!!!!!!

Posted by: マエムキ大吉 | Saturday, November 08, 2008 09:04 PM

素晴らしい写真の数々を紹介くださりありがとうございます。
アメリカにとって、世界にとって希望の星となられる方だと実感しました。

希望の光を胸に抱いて、共に生きてゆきたいと思います。

Posted by: 湖翠 | Sunday, November 09, 2008 11:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ワン・フー・ヘルプス・ピープル・スルーアウト・ザ・ランド:

» ■大地のいたるところで人々を助ける男 [vegiemag : Tra]
北山耕平さんのブログで拝見しました。 いい写真+良き内容。 皆さん、読んでみて... [Read More]

Tracked on Monday, November 10, 2008 07:38 PM

» よっ大統領!! [マエムキ大吉の☆MAEMUKIBOOKS☆札幌駅前本店☆  ♪♪♪♪♪ 何読んでるの?  何聞いてるの? ♪♪♪♪♪ ☆KYHY☆ = 空気読まずに、本を読め!!!!]
読み始めました。 マイドリームバラク・オバマ!! 北山さんところでみた写真すごいですよ、ものすごい迫力!! ぜひ!! [Read More]

Tracked on Tuesday, November 11, 2008 08:54 PM

« 大陸と半島からの侵攻におびえて百済の亡命貴族は九州島西部に城を築いたのだった | Main | 「メディスン・パワーがほしくはないかね?」 »