« 厳しい吹雪のなかにおかれたままのサウスダコタ州のインディアン居留地 | Main | 日曜日の夜に神戸で灯されるたくさんのロウソクの意味 »

Wednesday, November 12, 2008

講座『テックヮ・イカチ』に学ぶ 第2回のお知らせ (再掲)

whiteman's kachina
アメリカ先住民族ホピたちが住むホピランドでは、砂漠の中に立つ送電線の鉄塔を「アメリカン・カチーナ=白人の神」と呼んでいます。

それは、電気や便利さを「神」と崇め、お金さえあればその「神」を買えると思い込んでしまった現代文明へのネイティブ・ピープルからの警鐘なのでしょう。

今回は『テックヮ・イカチ〜大地と交わりいのちを祝う〜』という視点で「お金と電気」について見つめ直したいと思います。

そして、「私たちの代で海や山をお金に代えない」と、27年間にわたり上関原発建設を阻んできた瀬戸内海の小さな島・祝島の緊急状況を知り、私たちの暮らし方の選択へとつなげていきたいと思うのです。

   11月16日(日) 『テックヮ・イカチ』に学ぶ 第2回

       16:00〜21:30終了予定
       4回連続講座・第2回目「お金と電気のない世界」

       場所 : モダナーク・ファームカフェ(神戸・トアウェスト)

       http://www.chronicle.co.jp/event/techquaIkachi.html

       JR・阪急・阪神・市営地下鉄各線 三ノ宮駅から歩いて7分
       JR元町駅から歩いて4分

       <話> 北山耕平:『テックヮ・イカチ』に学ぶ

       <お話と映像>
       冨田貴史:山口県上関原発立地を27年間阻んできた
            祝(はふり)の島・祝島の今
       山口晴康:瀬戸内の海に息づくネイティブ・スピリット


       参加費:3,000円 高校生以下1,000円

       要予約:定員60名
       電話 : 078・391・3060 モダナークカフェまで

『テックヮ・イカチ』日本語版の発刊にご協力お願いします。

 「ホピの教えを売ることは自分の母親を売ることに等しい」

ランド・アンド・ライフでは、Hopi Way of Life を示すもののひとつであるホピ伝統派のニュースレターの『テックヮ・イカチ』を、完全版として次代に引継ぎ手渡していくために、その日本語版を(そしてできれば英語版を)非売品として、正しい時と場所において刊行するつもりです。発刊に際しまして、多くの方のご理解とご協力と物質的精神的エネルギーを得ることで、Mother Earth の子供たちとしてのスピリットがさらに込められ、世界に Hopi Way の精神が息づいて伝わっていくことを願っております。みなさまのご協力、ご喜捨をどうぞよろしくお願いいたします。

  郵貯銀行振り替え口座 
  00910−6−321008 「テックヮ・イカチ」基金

  尚、今回の催しの収益の一部は発刊費用に充てられます。

  『テックヮ・イカチ』日本語訳サイト



|

« 厳しい吹雪のなかにおかれたままのサウスダコタ州のインディアン居留地 | Main | 日曜日の夜に神戸で灯されるたくさんのロウソクの意味 »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/43089626

Listed below are links to weblogs that reference 講座『テックヮ・イカチ』に学ぶ 第2回のお知らせ (再掲):

« 厳しい吹雪のなかにおかれたままのサウスダコタ州のインディアン居留地 | Main | 日曜日の夜に神戸で灯されるたくさんのロウソクの意味 »