« あなたはなにを話しているのか? | Main | ワン・フー・ヘルプス・ピープル・スルーアウト・ザ・ランド »

Tuesday, November 04, 2008

大陸と半島からの侵攻におびえて百済の亡命貴族は九州島西部に城を築いたのだった

百済で作られた青銅菩薩立像が出土、熊本の「鞠智城跡」で

熊本県教委は3日、同県北部の国史跡の古代山城(さんじょう)「鞠智(きくち)城跡」(山鹿市、菊池市)で青銅製の菩薩立像(ぼさつりゅうぞう)が見つかったと発表した。

顔立ちなどの特徴から朝鮮半島の古代国家・百済で7世紀後半に作られたのはほぼ確実という。百済の青銅仏像は国内では初めての出土。

菩薩像は全長12・7センチ、幅3センチで、頭飾と肩から足にかけて垂らした天衣(てんね)を着け、横から見るとS字を描くような姿勢。先月23日に貯水池遺構北端の深さ約1・5メートルの地中で見つかった。

読売新聞のオンライン版の11月3日の午後9時42分に配信された記事だ。熊本県の遺跡で百済製の仏像が出土したというもの。記事はこのあと続けて、

4世紀中頃、朝鮮半島南西部に興った百済は大和朝廷と友好関係にあり、百済から多くの渡来人が文化を運んだ。大和朝廷は663年、百済を支援した白村江の戦いで、中国・唐と朝鮮半島の国家・新羅の連合軍に敗れ、逆襲に備えて7世紀後半に鞠智城を築いたとされるが、菩薩像の年代は鞠智城の築造時期とも符合するため、築城に携わった身分の高い百済人が持ち込み、仏堂に安置したか、携帯していたとみられる。

と記し、古代史の資料の記述や百済系瓦の出土例などから「鞠智城は百済の亡命貴族の指導で築城された」と考えられていると大西修也記者はあたりまえのように書いていた。ぼくはよくわからないのだが、こういう場合は「半島勢力の武力侵攻を恐れた亡命百済人が、九州島の西に城を築いた」と直截に書くべきではないのかな。

しかしここであたりまえのように書かれている「身分の高い百済人」というステレオタイプな「偏見を植えつける目的の意図的な表現」も、なにかおかしいように思える。まるで彼らが無知な野蛮人の跋扈する日本列島に仏教という文化をわざわざ持ってきてくれたかのような書き方だ。

ここはやはり亡命貴族が築造の指導をしたのではなく、亡命貴族と彼に従って命からがら逃げてきたボートピープルの一団が、自分たちの生活様式を守るために城を築いたと考える方が整合性がとれるのではないだろうか。百済と大和朝廷(旧伽耶勢力)のふたつの半島勢力がたくらんで今につながる「日本国」のプロトタイプを作ったわけだし、この菩薩像もその隠すことのできぬ証拠のひとつではあるのだろう。

663年前後のありさまを小生の『ネイティブ・タイム』(Version 4)では以下のごとく記載してある。興味ある人だけ続きをお読みください。

Source : 百済で作られた青銅菩薩立像が出土、熊本の「鞠智城跡」で(2008年11月3日21時42分 読売新聞)

662

 アラカヤ系倭国水軍の司令長官として安曇比羅夫【5字ルビ・あずみのひらふ】が軍船百七十隻を率いて百済に乗り込んで、王子・余豊璋を正式に百済王とし、十三万の軍隊を擁する大唐帝国との戦時体制を一応整えた。


663

 上毛野雅子【4字ルビ・かみつけのわかこ】ら、海戦になれていない蝦夷たちの傭兵二万七千人を率いて新羅を討ちに使わされる。百済の王となった豊璋が、このせっぱつまったおりに参謀長の鬼室福信と仲たがいして彼を殺害する事件が勃発。『旧唐書』(列伝三十四 劉仁軌)によれば、豊璋は高句麗と倭国に援兵を求めている。倭(ヤマト)軍と百済軍の連合軍に作戦上の乱れのあることを知った唐は、総司令官劉仁軌のもと、この機会を狙って兵を動かした。
 倭・百済連合軍が、唐・新羅連合軍と朝鮮半島南岸の白村江【3字ルビ・はくすきのえ】で激突。倭・百済連合軍はがむしゃらな特効作戦を展開したあげく大敗をきっして降服する。「煙は天にとどき、海水は血で赤く染まり、賊衆は潰滅した」と『旧唐書』は告げる。倭国の水軍は壊滅状態に陥った。大唐帝国によってついに百済国の息の根が止められた。百済王の豊璋は高句麗に逃げ落ちた(亡命)。百済の宝剣は唐軍の手に渡った。
 宗主国の壊滅で倭水軍が大量の百済の難民を連れて帰還した。ボートピープルも大量にやってきた(朝鮮半島から大量のモノと人と情報が渡ってくる第四の大きな波)。倭王を名乗っていた筑紫君薩夜麻(ちくしのきみ・さちやま)が戦犯として唐に連行され、事実上倭国が崩壊し権力はヤマト朝廷政権に写った。難民の中には、百済の王族、貴族、多数の芸術家、工人、学者など、影響力を持つ知識人が含まれていたし、唐と新羅の連合軍と戦った高句麗人の中にも日本列島に逃げ込んだ者が多かった。百済人の多くは近江に移住させられ、高句麗人の多くは蝦夷【2字ルビ・エミシ】対策の一環として、政府により鈴鹿山中の伊賀の居留地や、現在の関東地方、昔の国でいう「相模」や「武蔵」に移住させられた。百済軍将軍鬼室福信の一族もこのとき近江に移住し日野に鬼室神社を建てている。高句麗からの移住者は、湘南大磯の海岸から上陸し、関東平野の南に連なる山々に沿って北上し、現在の埼玉県入間郡の高麗神社周辺に落ち着いた。のちに関東騎馬武者の母体となるのがこの一族だったとされる。記録によればこの年、ひとりの仏教徒の僧がのちに富士山として知られることになる本州島の最高峰の頂上にはじめて登攀した。


664

 百済から続々と流入する大量の移民たちを一挙に採用できるような体制を整えるために、国内の冠位を大幅に増やすことになり、冠位二十六階を制定。百済王の善光(禅広)ら一行を難波(新羅人コロニー)に住まわせる。これは新羅コミュニティーの監視下においたということか。京の北で星が落ちた。地震があった。唐使節(対倭戦争の副司令官)郭務棕【3字ルビ・かくむそう】【「棕」はりっしんべん】が、畿内に来る。公的には入京を許されずにそのまま帰国したと、朝廷側は後に記述しているが、これははなはだ疑問。そのまま居残って占領準備を影で取りしきったとの説も。結局倭国は唐に無条件降伏をしたわけで、郭務棕【「棕」はりっしんべん】という人物はいうまでもなく「倭国占領軍最高司令官」なのだから、戦勝国の唐を喜ばせるような戦後政策がこの後とられ続けることになる。
 年末、淡海国から「坂田郡の人、小竹田史身【5字ルビ・しのだのふびとむ】が飼っている猪の水槽の中に、にわかに稲が実りました。身がそれを穫り入れると、その後、日に日に富がふえました。栗太【2字ルビ・くるもと】郡の人、磐城村主【4字ルビ・いわきのすぐり】殷【1字ルビ・おお】の新婦の部屋の敷居の端に、一晩のうちに稲が生え穂がついて、翌日にはもう熟れて穂が垂れました。次の日の夜、さらに一つの穂が新婦の庭に出て、二箇の鍵が天から落ちてきました。女は拾って殷【1字ルビ・おお】に渡し、殷【1字ルビ・おお】はそれから金持ちになったということです」と報告があった。


665

 亡命百済人を使って、対馬壱岐には狼煙台を、筑紫の大野や長門に城−−迎賓館−−を築き、朝鮮半島からの進駐軍の便に備えた。そのころ唐帝国はその国威を内外に誇示するために、中国泰山にて封禅の儀を催した。帝国軍総司令官の劉仁軌は新羅、百済、耽羅、倭の四国のそれぞれの「酋長」を連れてその会におもむき、高宗を大いに喜ばせたと『旧唐書』(列伝三十四 劉仁軌)にある。一体、この倭の酋長とはなに者なのだろうか? おそらく戦犯として抑留されていた筑紫君薩夜麻(ちくしのきみ・さちやま)のことだろう。
すでに倭国は唐帝国の属国の扱いか、もしくは倭国はこの時点で一度滅亡したというべきか? 占領軍とヤマト朝廷政権によって百済人男女四百人あまりが近江国の神崎郡に移住させられ、耕すべき田を与えられた。おそらくこの年に唐帝国からの進駐軍もコロニアル・キャピタルのある九州島に入っている。朝鮮半島の南の済州島にあった耽羅国という国がヤマト朝廷の使者が様子をうかがいに来た。


666

 滅亡寸前の高句麗から救援を求めるための使節がヤマト朝廷の元に来た。大唐帝国が高句麗の内紛に乗じて出兵した。首都平壤が陥落した。戦禍を逃れて高句麗からの難民が日本列島に流入したことは想像に難くない。
 都の鼠が近江国に向かって移動した。百済人の男女二千人あまりを東国(武蔵国)に移住させた。まるで鼠が百済人を近江から追い出してそのあとに都を造ったと読めなくもない。「鼠」とは「唐人」か、それとも「新羅人」か? 耽羅国の王子が朝廷に使者としてやってきた。
 三十二歳を迎えた役小角【3字ルビ・えんのおづぬ】が実家を出て葛城山に入り、そこを住居とするようになった。

|

« あなたはなにを話しているのか? | Main | ワン・フー・ヘルプス・ピープル・スルーアウト・ザ・ランド »

Native Time (Herstory)」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、
劉仁軌に関わる記事を書いている途中でこのサイトに来ました。
白村江関連の記事は、本当に重要なものですね。
この事件は、日本史上3本の指に入る事件だっと思います。
7世紀は隠された宝が一杯ですね。
天武が百済系でなく、奸臣の反逆で、秦氏(多氏・大炊氏・太安万侶)との繋がりが感じられます。
百済が半島で滅亡したので、664年に倭国で百済王朝を復活させたかったのですが、壬申の乱とかでそれもかなわず後に日本国の内部で百済勢力が復活したのが本当のような気がします。

Posted by: 阿部 学 | Tuesday, August 10, 2010 10:50 AM

663年からの10年間は、日本史上初めて中国から侵略を受けた激動の時代で、上記の研究成果は大変参考になります。
未だ勉強中ですので成果記載の中で出典文献を記載して頂けますと、後で検証でき有り難いです。
なお664年の防・烽・城は「倭国通史」の高橋通氏の研究では、倭国・日本国ともに未だ完全降伏しておらず、防御のためとされております。

Posted by: 五井義哉 | Sunday, January 10, 2016 03:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大陸と半島からの侵攻におびえて百済の亡命貴族は九州島西部に城を築いたのだった:

« あなたはなにを話しているのか? | Main | ワン・フー・ヘルプス・ピープル・スルーアウト・ザ・ランド »