« 8世紀(1300年前)ごろ、大和朝廷による東部の開拓が着々と進みフロンティアが北上する本州島東北部に、竪穴住居が400軒以上も建ち並ぶ開拓者と征服者たちのブームタウンが存在か | Main | 渡来した弥生人は男性中心で、先住の縄文人女性との間に、日本列島で子孫を残した »

Friday, August 01, 2008

これがインディアンの母さん

ネイティブ・アメリカンの青年が興奮した様子で母親に電話をして、「愛している女性がいる。理想的なネイティブの女の子で、結婚をするつもりだ」と伝えた。

「あら、素晴らしいじゃないの。善は急げよ、その娘さんをできるだけ早くうちに連れてきなさいな」

母親はいかにも典型的な母親らしい性急さでたたみかけた。

「あわてないでよ、母さん」息子が笑いながら言った。「母さんが自分の息子のことをどれくらいわかっているかテストもかねて、彼女以外にもう二人別のおんなともだちを連れてくるから、どの人が本命の彼女かあててみてよ」

翌日、息子が三人の美しいネイティブの女性を母親の家に連れてきた。女性たちは並んで居間のカウチに腰をおろして、楽しく話をした。フライブレッドのこと、パウワウのこと、ビーズワークのこと、キルトワークのこと。とんとんと話は弾んで数時間が過ぎた。

あるときいきなり息子が口を開いた。

「それでは母さん、ぼくが結婚したい彼女はどの人か、あててください」

「いちばん右端に座っている娘さんね」

母親はたちどころに応えた。

「いやー、すごいな! どんぴしゃだよ、なんでわかっちゃったの、母さん?」

息子がたずねると母親がぴしゃりと、

「だってわたしの好みじゃないもの」


Native jokesインディアンは笑う』北山耕平編・構成。(おそらく)世界で初めてのネイティブ・アメリカン・ジョーク・コレクションの本。笑うことで世界をひっくり返す書。笑いの百連発! 当ブログから生まれた本。マーブルトロン発行 中央公論新社発売 ブックデザイン グルーヴィジョンズ。好評発売中

|

« 8世紀(1300年前)ごろ、大和朝廷による東部の開拓が着々と進みフロンティアが北上する本州島東北部に、竪穴住居が400軒以上も建ち並ぶ開拓者と征服者たちのブームタウンが存在か | Main | 渡来した弥生人は男性中心で、先住の縄文人女性との間に、日本列島で子孫を残した »

Indian Humor / Indian Jokes」カテゴリの記事

Comments

HOHOHO!~と笑えた後、母さんの気持ちが手に取るようにわかりました…。きっと結婚したい娘さんは、顔も性格もお母さんに似ていたのでしょう!

Posted by: あつこ | Sunday, August 10, 2008 10:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference これがインディアンの母さん:

« 8世紀(1300年前)ごろ、大和朝廷による東部の開拓が着々と進みフロンティアが北上する本州島東北部に、竪穴住居が400軒以上も建ち並ぶ開拓者と征服者たちのブームタウンが存在か | Main | 渡来した弥生人は男性中心で、先住の縄文人女性との間に、日本列島で子孫を残した »