« わたしにつながるすべてのものたちよ! | Main | あなたはどこにいるのか »

Wednesday, July 23, 2008

西日本で最大の大型竪穴住居跡発見

和歌山県文化財センターが同県かつらぎ町の中飯降遺跡から、西日本最大となる縄文時代後期前半(約4000年前)の大型竪穴住居跡を発見したと発表している。直径約14メートルの円形状で、もし復元したとすれば面積は150平方メートル以上になるそうだ。写真を見ると、この円形の遺跡の残り半分は舗装道路によって分断されている。

以下部分引用。

京奈和自動車道(紀北東道路)建設に伴い、同センターは2006年度から発掘調査をしている。中飯降遺跡の発掘は今年5月からで、6月に大型竪穴住居跡を確認した。

big_circle_house北側を町道が遮っているため、確認できるのは全体の半分ほど。しかし、通常の竪穴住居は、直径4〜5メートルで20平方メートルに満たないため、面積は10倍近くなる。縄文時代を通しても、面積が100平方メートルを超えるものは少ない。全国でも最大級の規模という。

竪穴住居跡内に3つのすり鉢状の柱穴があり、上面の直径は約2メートル、最下層が直径約0・5メートル、深さ1・1メートル。柱穴の一部には柱を固定するための石が残っている。穴の大きさから直径40センチ前後、長さ約4メートルの柱を用いていたと推定している。円形状の場合、調査区外にあと1、2本程度の柱穴があるはずという。中央には一般的な竪穴住居同様、炉の跡が残っている。

調査地区は川と川の間で、背後に山があり、人が暮らしやすい立地。周辺100メートルほどの範囲でほかにも、竪穴住居跡や縄文土器などが発見されている。大型竪穴住居跡から西に50メートルほどの地点では、墓の存在を示す、石を並べた「配石」や骨を入れて埋めていたつぼなども確認した。今後、大型竪穴住居跡の町道を越えた北側も調査予定で、一般的な竪穴住居跡が見つかる可能性が高いという。

同センター埋蔵文化財課の内田好昭主任は「遺跡の集落はそれほど大規模ではない。巨大な竪穴住居はこの1つの村だけで使用したと考えにくい。周囲に何カ所か縄文時代の集落が見つかっているので、それらも含めた共同の建物である可能性がある」と話している。

Source : 大型竪穴住居跡を発見 かつらぎ・中飯降遺跡(紀伊民報 2008/07/24)

|

« わたしにつながるすべてのものたちよ! | Main | あなたはどこにいるのか »

Native Time (Herstory)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西日本で最大の大型竪穴住居跡発見:

« わたしにつながるすべてのものたちよ! | Main | あなたはどこにいるのか »