« アイヌ文化の歴史を探る上で極めて貴重なお墓から | Main | ミタクェ・オヤシン »

Monday, July 21, 2008

寝ぼけた女子中学生がキックでヒグマを撃退したというニュース

女子中学生、テント押すヒグマ撃退 知床、妹と思い蹴る

20日午前4時ごろ、北海道羅臼町にある羅臼温泉野営場にヒグマが現れ、北見市の女子中学生(12)らが寝ていたテントを襲った。ヒグマはテントを外から押し続け、中学生が内側からキックで応戦すると、ささやぶに逃げたという。テントは約50センチ裂けたが、中学生にけがはなかった。

同町などによると、家族5人でキャンプに来た中学生は寝ぼけていて、テントを押すヒグマを妹(10)のいたずらと勘違い。手で押し返していたが、あまりにしつこいのでキックしたという。そばにいた母(40)の目には、テントのシートの向こうにヒグマの影が見えていたという。

当時はテント二十数張りに約50人がおり、目撃者もいた。体重70キロ前後の若いヒグマとみられる。最初はシカの親子を追っていたが、においをかぐようなしぐさでテントに近づいたという。若いと人間の怖さを知らず、対処を誤れば非常に危険。町職員は「ヒグマだと思って大騒ぎしていれば危ないところだった」と話した。(神村正史)

「ヒグマが女子中学生(12)らが寝ていたテントを襲った」とあるが、記事を読むかぎり「襲った」という表現は言い過ぎではないだろうか。襲われたのはヒグマの方だし。ともあれ、クマたちの国(テリトリー)のなかのキャンプにおいては、一切の食料や匂いを出すものをテントに持ち込んで野営してはならないということを、人間にたいしてもっと徹底しなくては。新聞もそういうことも書いてくれよな。彼らのテリトリーに侵入しているのは人間たちなんだから、クマたちと人との共存のためにも、最低のエチケットとして。

Source : 女子中学生、テント押すヒグマ撃退 知床、妹と思い蹴る(asahi.com ニュース 朝日新聞社 2008年7月21日3時0分)

|

« アイヌ文化の歴史を探る上で極めて貴重なお墓から | Main | ミタクェ・オヤシン »

Mother Earth News」カテゴリの記事

Comments

北山さんのコメントに激しく共感です。うちのまわりも熊がよく出没しますが、人間から目の敵にされていて一寸でも目撃報告があると村内放送で「注意してください」とやります。熊も狼も、人への好奇心と好意から近づいてくることが多かったと思うのですけどね・・・。

狩猟免許試験の時に県の担当者に熊に関することをいろいろ訊いたところ、県としてはなるべく獲らないようにとお願いしている、と言う一方、猟期の直前に(猟期が始まったとき危なくないように)“駆除”するのが現状となっている、と煮え湯を飲んだような顔で答えてくれました。
全てが人間のテリトリーではない、という当然の世界観がひとびとにふつうに染みていないと、こういうことは無くならないのでしょうね。

Posted by: 大口のま | Monday, July 21, 2008 11:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寝ぼけた女子中学生がキックでヒグマを撃退したというニュース:

« アイヌ文化の歴史を探る上で極めて貴重なお墓から | Main | ミタクェ・オヤシン »