« 今年いちばん小さくて遠い満月 | Main | 大地の至るところで人々を助ける人 »

Wednesday, May 21, 2008

インディアンの若い世代がこよなく愛する歌



NDN Kars - Keith Secola

ネイティブ・アメリカンの音楽というと、インディアン・フルートを考える人は多い。ただし、当然だが、インディアン・フルートの音は「眠くなって困る」というラディカルな世代ももちろんいる。そういう人たちにお勧めしたいのがキース・セコラとワイルド・バンド・オブ・インディアンズというインディアン・ロック・バンドだ。キース・セコラはアニシナベ出身のロック・ブルース・フォーク・ミュージシャン(シンガー/ギタリスト)として2年連続してナミー賞(NAMMY AWARDS)を受賞するなど評価も高く、とりわけ彼の作詞作曲した「NDN Kars」はコンテンポラリー・ネイティブ・アメリカンにとっては「これぞ現代アメリカン・インディアンの国歌」とさへ評価する人がいるほど親しまれている名曲中の名曲だ。「NDN Kars」とは「インディアンの車」のことで、ドアガラスなんて数枚なくなって、扉も半開き状態、ラジエターから吹き出す蒸気、期限切れのナンバープレート、ほこりだらけのダッシュボード、やたら甲高い音のするカーラジオ、傷だらけのボディ、点灯しないヘッドライトといった具合に、ぼろぼろだがそれでも必死にでかい音をたててリザベーションの内外を疾走している彼らの愛車のことをいう。インディアン・カーズは、そうした車をいとおしむための切れのいいロックであり、生きることを肯定し、聞くものを勇気づける力を持っている。何度も聞いて口ずさめるようになっておくと、いいかも。YouTube には彼らのライブもあがっているのでそちらも紹介しておく。こっちもなかなか(ぼくとしてはこつちが好きなのだが、最初に聞くには刺激が強いかなと思ってさ)。Ho!

NDN Kars
Music and Lyrics by Keith Secola

Wild Band Of Indians
Drum Sequence - Andy Kern
Vocal/Guitar - Keith Secola
Guitars - Kerry Jackson

ndnradio

Been driving in my indian car
hear the pound of the wheels
drumming in my brain
Dash is dusty
plates are expired
please mr. officer let me explain

Gotta make it to a pow wow tonight
sober 49, down by the riverside
looking for a sugar
riding in my Indian Car

My car is dented
the radiator steams
headlight don't work
radio can scream
got a sticker says
"Indian Power"
on my bumper
holds my car together

We're on a circuit on an Indian dream
we don't get old
just get younger
flying down the highway
riding in r NDN Cars

|

« 今年いちばん小さくて遠い満月 | Main | 大地の至るところで人々を助ける人 »

Native Visions」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/41274668

Listed below are links to weblogs that reference インディアンの若い世代がこよなく愛する歌:

» Twitter Trackbacks []
[Read More]

Tracked on Tuesday, August 31, 2010 at 10:23 AM

« 今年いちばん小さくて遠い満月 | Main | 大地の至るところで人々を助ける人 »