« 先住民の権利を大切にしない国で相継いで行われるオリンピック | Main | Longest Walk 2008 Today »

Friday, May 02, 2008

亀の島(先史アメリカ)のサウスウエストの住民にとってイヌは友だち以上のスピリチュアルな存在だった

newsアメリカ南西部一帯の先史古代遺跡から、大人や子どもの人骨と共に埋葬されたと思われる古代のイヌの骨がこれまで数百体出土しているという調査結果が4月27日に発表された。しかもその埋葬されているところからは一緒に宝石類も出土するのだという。

イヌの種類ははっきりしないが、南西部アメリカに太古に暮らしていた人たちの精神生活においてイヌたちの果たしていた役割はことのほか重要だったのではないか、とニューメキシコ州サンタフェにあるインディアン芸術文化博物館( Museum of Indian Arts and Culture )の副館長ドディ・フゲイトさんは、ナショナルジオグラフィック誌の記者に語っている。

ドディさんはこの地域におけるイヌの埋葬の調査研究を続けてきた研究者だが、これまでの埋葬の実体を見る限り、イヌは単なるペットの域を超えて埋葬者にとりとてもスピリチュアルな意味を持っていたようだと彼女は言う。

wolflft「新世界のアメリカ南西部においてはイヌたちは、つぎの世界へ入っていくときの護衛のように考えられていたように推測されます。場所によっては儀式のなかでもイヌたちが役割を与えられていたことは間違いありません。埋葬が古くなればなるほど、イヌが一緒に埋められているケースも増えていきます。これまで700ぐらいイヌたちの埋葬されたところを調査しデータベース化してきましたが、イヌたちは儀式の行われた場所にまとめて埋葬されているか、特定の個人と共に埋葬されています」

彼女のデータベスによれば、イヌの埋葬が最も広く行われていたのは紀元前400年頃からはじまり、西暦1100年ぐらいまでの間だとか。そしてイヌの埋葬が行われていた地域は、ニューメキシコ州の北西部からアリゾナとニューメキシコの州境の間に大半が集中している。

Source : Ancient Americans believed dogs to be divine escorts for next life

|

« 先住民の権利を大切にしない国で相継いで行われるオリンピック | Main | Longest Walk 2008 Today »

Native News Update」カテゴリの記事

Native Time (Herstory)」カテゴリの記事

Comments

トラックバックさせていただきたく送りました。
アメリカ大陸先住民の犬に対する考え方は気になるところです。
犬は姿形、習性は違うもののスピリットの部分では自分と何ら変わらないと思っています。
ブログの方はただの自己満足の犬好きブログですが・・・・

Posted by: 上田 剛 | Sunday, May 04, 2008 at 06:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/41063964

Listed below are links to weblogs that reference 亀の島(先史アメリカ)のサウスウエストの住民にとってイヌは友だち以上のスピリチュアルな存在だった:

» http://nightbird44.cocolog-nifty.com/medicine_dog/2008/05/post_3599.html [Medicine Dog]
ネイティブアメリカンの持つ精神世界では犬に対してはどんな考え方だったか気になると [Read More]

Tracked on Monday, May 05, 2008 at 02:08 PM

« 先住民の権利を大切にしない国で相継いで行われるオリンピック | Main | Longest Walk 2008 Today »