« 1万年よりもまえの瀬戸内海が誕生する以前の人間の営みが確認された | Main | ムーン・イリュージョン »

Thursday, April 17, 2008

いいですか、子どもも大人も、もうポリカーボネイトの容器で水やお茶を飲んではいけません

Last Modified Thursday, May 1, 2008

newsプラスチックに含まれる化学成分が人間の発育に害をおよぼすかもしれないと、ロサンジェルス・タイムズ紙が昨日大きく報じた。問題となっているのはプラスチックに含まれているエストロゲン様化学物質で、これが発育途上の子どもたちの脳と生殖器に害を与える可能性があるというもの。連邦政府の保健機関が今週の火曜日に公開された報告でそう結論づけている。

国立衛生研究所の内部組織のひとつ国立毒物学研究部門が、低レベルでも動物を傷つけるビスフェノールA、あるいはBPAが、ほとんどすべての人の体内から発見されていることからみて、胎児や赤ん坊や子どもたちにとっては「相当な危険がある」と結論をくだしたもの。

Source : Chemical in plastic may harm human growth

BPAはポリカーボネイト・プラスチックの材料となるもので、現代の産業のなかで最も広く使われている合成化学薬品のひとつだ。ポリカーボネイトは赤ちゃん用のほ乳瓶や携帯用の軽い水筒などのハードプラスチックな飲料容器に使われているが、そこからBPAが少しずつ溶け出す可能性があるらしいことがわかったという。たとえわずかなレベルであれBPAが人体を傷つける可能性があることを連邦政府の機関が認めるのはこれがはじめて。欧州ではすでにポリカーボネイトを使った容器を禁止する動きが出ている。ポリカーボネイトの容器で飲み物を飲むのは危険なことなので、即座にやめなければならない。

*BPAはポリカーボネートプラスチックや合成樹脂の製造原料として使われる工業用化学物質で、しばしば内分泌攪乱物質と呼ばれてきたもの。

参考記事:2008-04-30 - 食品安全情報blog

追記 「胎児や赤ん坊や子どもたちにとっては『相当な危険がある』」の部分だが、「幾分の」だと翻訳する方がふさわしいという意見がある。そのように受けとめてもらつてもこちらはかまわないが、「毒はほんのわずかでも毒」というふうにぼくは考えるようにエルダーの一人から教わり、今なおそれを信じる者である。微量だからかまわないというのではなく、微量であれそれは人体に確実に影響するという風に認識すべきものであるだろう。自分の頭で判断されたし。

|

« 1万年よりもまえの瀬戸内海が誕生する以前の人間の営みが確認された | Main | ムーン・イリュージョン »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

NALGENEなどエコ商品の代表の
ように並んでいるあのボトル。
私も愛用していました。

ペットボトルゴミを
出さないように持っていた
マイボトルが、人体に影響をもたらすとは!
ゴミを減らそうとして身体を壊す!?
これもおかしなことです。

やっぱり根本的なところに、根っこのところに
問題がありそうです。


Posted by: Y.Shima | Thursday, April 17, 2008 at 01:34 PM

ぼくもあの軽さが好きで1年ほど愛用してきただけにガーンでした。さっそく今日の午前中に、山屋にでかけて LAKEN のアルミボトル(スペイン製)を奮発してきましたよ。同じくらい軽いけれど、トランスファレントじゃないのがさみしいな。でも、「毒はほんの少しでも毒」だから。

Posted by: Kitayama Smiling Cloud Kohei | Thursday, April 17, 2008 at 03:23 PM

容器から流れ出す化学物質で発育に影響が出て、乳牛からよく牛乳を搾り出すために駐車した成長ホルモン剤が、牛乳中に入り(結局は乳=血液だから)飲んだ人間に成長ホルモンを提供する・・・。つい先日この5000年で人類のDNAは8%前後変化したとありましたが、このような食習慣、生活環境の変化による作用を考えると、もはや現代人と古代の人達・少数民族の人達とは、違う星の人達といってもいいくらい変わってきているのかも。
特にここ数年のアメリカの、少数民族への欧米化への超加速度的な宥和政策、古代文明への過度な研究費投入に、危機感を感じる今日この頃。

Posted by: 瑞兆 | Thursday, April 24, 2008 at 02:06 PM

北山さん、アルミはアルツハイマーの元になりますから
おすすめできませ〜ん。ステンレスで何かないでしょうかねー???

Posted by: cibayi | Friday, May 02, 2008 at 02:54 PM

cibayi さま

LAKEN のボトルは内側はエポキシ・フェノリックで全面を完全にコーティングされていて、アルミがむき出しになっている部分はすこしもありません。直接水とアルミが触れることはないのですが、それでも危険かなぁ? ステンレスであってもかなり重くなりそうな・・・困ったなあ・・・

Posted by: Kitayama Smiling Cloud Kohei | Friday, May 02, 2008 at 03:11 PM

そのエキポシ・フェノリックは安全ですか〜? 

気になってドンキで色々見たのですが、ステンレスで軽いのもありましたが、フッ素加工で(フッ素は絶対いけません!!!)なかなか、安全なモノって無いんだな〜と
がっくりして帰ってきました。

Posted by: Cibayi | Saturday, May 10, 2008 at 04:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/40904112

Listed below are links to weblogs that reference いいですか、子どもも大人も、もうポリカーボネイトの容器で水やお茶を飲んではいけません:

» マイボトル2世 [東西南北★見聞Rock]
NYは熱波による突然の猛暑に襲われている。 冗談抜きに戸外に居るのは危険な状態だ。 水の近くに行きたくなって、 午前中サウスフェリーへと足を伸ばした。 マンハッタンとスタテン島とを結ぶ無料フェリーは、 自由の女神の横を通ることもあって観光客も結構乗っている。..... [Read More]

Tracked on Tuesday, June 10, 2008 at 08:27 AM

« 1万年よりもまえの瀬戸内海が誕生する以前の人間の営みが確認された | Main | ムーン・イリュージョン »