« 今宵、西の夜空でなにか素敵なことが起こる | Main | フランク・アウトローの教え »

Thursday, March 13, 2008

抱きしめられたい?

女性土偶

埼玉県の久喜インターから15分ほどの菖蒲(しょうぶ)町役場前の小林八束(おばやしはっそく)1遺跡で発見された縄文後期(約3500〜4000年前)のユニークな表情をした女性土偶。高さ4・7センチ、顔の直径は3・5センチ程度で、胸にふくらみがある。鼻から口にかけてゆがんでいるのが特徴で、叫んでいるようにも見える。文様や土質などから縄文後期のものと推定されている。読売新聞(YOMIURI ONLINE)埼玉版 3月13日より。

Source : 菖蒲では女性土偶 小林八束1遺跡 18、19日公開

|

« 今宵、西の夜空でなにか素敵なことが起こる | Main | フランク・アウトローの教え »

Native Time (Herstory)」カテゴリの記事

Comments

見た瞬間に、「わぁ…」って小さく呟いてしまいました。

何だか不思議なエネルギーを持っているなぁ…って感じました。

何を思って作ったのでしょうか。
何かを失った悲しみなのかな…。
何かを手に入れたい叫びなのかな…。

想いは、古に巡って行きます。

Posted by: SONWAI | Thursday, March 13, 2008 01:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 抱きしめられたい?:

« 今宵、西の夜空でなにか素敵なことが起こる | Main | フランク・アウトローの教え »