« 地球では今、2週間にひとつずつ先住民の言葉が死んでいく | Main | 松浦武四郎を 知る!語る!偲ぶ!松阪で1年かけ顕彰事業 »

Saturday, February 23, 2008

新生ラコータ共和国が世界に向けて出した嘆願書

Petition for Recognition of Lakotah Sovereignty2月18日、新生ラコータ共和国の首席まとめ役のラッセル・ミーンズはワシントンDCに赴き10ヵ国を超える国々の外交官と会談を行い、「ラコータの統治権の承認を求める嘆願書」を手渡した。嘆願書は21ページから構成され、世界のすべての国々に、ラコータ共和国臨時政府を正式に認めるよう求めるものになっている。ラコータと合衆国の間に交わされたこれまでの条約や関係する法的文書、用語解説などが一冊にまとめられているので、関心ある人は pdf 書類をダウンロードされることをおすすめする。

pdf_icon http://www.republicoflakotah.com/docs/Petition.pdf

用語解説の「部族政府」の項目に、つぎのように記されていた。部族政府とは、合衆国政府によって作りあげられた法的な虚構であり、インディアンたちに自治という幻想を与えるためのもの。実際のところ、部族政府は単に行政管理者にすぎず、ワシントンで作成される合衆国の政策をインディアンの人たちに執行する職務を意味する、と。

Source : Petition for Recognition of Lakotah Sovereignty

|

« 地球では今、2週間にひとつずつ先住民の言葉が死んでいく | Main | 松浦武四郎を 知る!語る!偲ぶ!松阪で1年かけ顕彰事業 »

Native News Update」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新生ラコータ共和国が世界に向けて出した嘆願書:

» 共和国のリンク集 [共和国情報館]
共和国のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [Read More]

Tracked on Sunday, February 24, 2008 09:11 AM

« 地球では今、2週間にひとつずつ先住民の言葉が死んでいく | Main | 松浦武四郎を 知る!語る!偲ぶ!松阪で1年かけ顕彰事業 »