« これは正しいことでもないし、美しくもない | Main | アメリカ海兵隊員による14歳の少女暴行疑惑に国中が激怒 »

Wednesday, February 13, 2008

ナバホ国の境界のすぐ外でウラニウム採掘をねらう企業に動きが

newsナバホ国がリザベーションのなかでのウラニウムの採掘をいっさい禁止していることはだいぶ前にお伝えしたが、ウラニウムがのどから手が出るくらいほしい原子力産業が、ナバホのリザベーションの外側のすぐ近くでウラニウムの採掘を再開したがっているようだと、ニューヨークタイムズが2月12日に社説で警告した。記事によると、ナバホインディアン国の境界のすぐ外側のニューメキシコにある個人の所有地において、ウラン採掘企業のひとつが新たな鉱山のための許可申請をしたというもの。ニューヨークタイムズは、過去の採掘作業で結果的にナバホの人たちが負うことになったとてつもない被害への対処がすむまでは、監督機関はこの計画が進められるのを許可してはならないと主張している。

Source : The Cold War Threat to the Navajo

参考過去記事:

next ナバホ・ネーションがウラニウムの採掘を法律で禁止する

next 歴史を繰り返さないときめたナバホ国のあり方と、今のわたしたちの便利すぎる暮らし

next ナバホの土地で今なにが起きているのか

next 世界先住民ウラニウム・サミット宣言

|

« これは正しいことでもないし、美しくもない | Main | アメリカ海兵隊員による14歳の少女暴行疑惑に国中が激怒 »

Native News Update」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナバホ国の境界のすぐ外でウラニウム採掘をねらう企業に動きが:

« これは正しいことでもないし、美しくもない | Main | アメリカ海兵隊員による14歳の少女暴行疑惑に国中が激怒 »