« 死ぬには良い日? | Main | ラコタの国のラジオ局 »

Friday, January 11, 2008

英語表記のラコタ語単語の読み方

Revised Tuesday, January 15, 2008

feather英語で書かれたラコタ語の読み方について、北九州市にお住まいのクレージー・ドッグ(シュンカ・ウィトコ)[仮名]さんよりご教授いただいた。小生は、もともとアメリカ南西部のレインダンスを踊る沙漠の人たちとの関係のほうが長く、草原のサンダンス・ピープルとはあまり縁がなかったために、といっても知りあいはいるものの、なかなかその言葉が身についていないので、今後もお気づきのことがあれば、遠慮せずに声をかけてください。ひとつ前の記事はそれにあわせて修正を加えました。で、今回お教えいただいたラコタの言葉の読み方についての一部を、読者の便に供する意味で以下に掲載させていただくことにした。

英語表記のラコタ語単語の読み方

英語表記のラコタ語単語の読み方に一般的な英語の読みとは大きく異なるものがあります。

その最たるものが“c”音です。
“ca”“ci”“cu”“ce”“co”は、通常の英語のように《キャ・カ・サ》《シ・キ》《キュ・ク》《セ・シェ・ス》《コ・クー》などと発音されることは100%ありません。

すべて例外なく、《チャ》《チィ》《チュ》《チェ》《チョ》と発声されます。(《チ》の発音は日本語の舌打ちに近い感じ)
例.canupa・cannunpa → チャンヌンパ(パイプ)、wicapi → ウィチャピ(星)、cante → チャンテ(ハート)、cik'ala → チカラ(小さい)、wasicu・wasitun → ワシチュ(白人)、oceti → オチェティ(火)、cekiya → チェキヤ(祈る)、wicoie →ウィチョイエ(ことば)など。

資料によっては、通常の《チ》音の英語表記のように“h”を補って“ch—”としているものもあります。

もうひとつ混乱するのが、単独の“s”が《シィ・シュ》、母音付きの“sa”“si”“su”“se”“so”が《シャ》《シュィ》《シュゥ》《シェ》《ショ》となる場合(空気が抜けるような音に近い)と、普通に《サ・シ・ス・セ・ソ》となる場合があることです。

詳しい文献の場合には、“s”の上にアクセントを付けて《シィ・シュ》音を表していたり、“h”を補って“sh—”と表記される場合もありますが、多くの場合特に注釈もなく両方が混在しています。

《シィ・シュ》の例.waste → ワシ(ュ)テ(良い)、sa → シャ(赤)、sakowin → シャコウィン(7)、sunka → シュンカ(犬・狼・馬)など

補足 “c”“g”“k”“p”“s”“t”“z”などが、上にアクセントを付けた表記をして特殊な発音となるようです。口先だけで短く切って発声する破裂音のような感じというか…。

単独の“n”は普通の《ン》と、“-ing”に近い発音(こちらが大半)の2種類、さらに資料によっては仏語の鼻にかかるような《ン》音もあるとしているものもあります。これも詳しい文献では、“-ing”の発音記号やアクセントなどで表現されますが、一般の文書では特に区別はされていません。

また、母音のつかない単独の“h”が、強いていえば痰を切る時の“カーッ”という声の“カ”に近い音です(笑)。例.mahpiwa(空、天、雲)、 wiyohpeyata(西)、tahca(鹿) カナ表記ならば、《マクッピワ》《ウィヨクッペヤタ》《タァチャ》とか、するしかないような…。

前記の“短く切る発音”もこの“h”音と関係しているようです。

その他にも英語や日本語にはなくて、カナ表記しがたい特徴的な発音などが幾つもあります。このような表記は、ラコタに最初に進出したヨーロッパ勢力がフランスだったことから来ているのではないかと思うのですが、どうなのでしょう?

ありがとうございました。これからはこの読み方にならうようにしていきます。今回、ラコタの人たちが合衆国政府との条約から撤退すると言うことがあって以来、次第に頭のなかがラコタ漬け状態になってきている気がします。

HO!

|

« 死ぬには良い日? | Main | ラコタの国のラジオ局 »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

ご無沙汰です。

cとs、僕の名前にも入っています。
誰にも読めないから
Changlishikawakanと書いてはいますが
実際にラコタでの英語表記は
Cangleskawakan
nの音も単純な「ん」ではなく
僕もうまく発音できません。

Posted by: 正木 | Friday, January 11, 2008 at 10:17 AM

正木さま

やあ、ひさしぶりです。読み方は「チャングリシュカワカン」でいいのかな?

Posted by: Kitayama Smiling Cloud Kohei | Friday, January 11, 2008 at 01:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/17651089

Listed below are links to weblogs that reference 英語表記のラコタ語単語の読み方:

« 死ぬには良い日? | Main | ラコタの国のラジオ局 »