« 弥生時代の墓23基、石のやじりも確認 | Main | ユッカ・マウンテンの明暗をわける次期大統領選挙 »

Thursday, January 17, 2008

ヤング・インディアン・チャイルド

young_indian_child

今から103年まえの1905年に撮影されたアメリカ先住民の子どもの写真。当ブログのサイドバーの一番上にほぼ月替わりで掲載しているエドワード・S・カーティスの写真で、「ヤング・インディアン・チャイルド」と題されているものだが、この一枚はノースウエスタン大学の電子図書館には収録されていない。カーティスが生涯に撮影した膨大な写真のなかで、とりわけネイティブ・アメリカンの子どもたちが被写体となったものは、被写体を包んでいるオーラといい、まったく汚れを知らないまなざしといい、どれもとても印象深い。ぜひ写真をクリックし、倍の大きでご覧ください。

|

« 弥生時代の墓23基、石のやじりも確認 | Main | ユッカ・マウンテンの明暗をわける次期大統領選挙 »

Native Visions」カテゴリの記事

Comments

いつ見ても、何回見てもグッときますね(このブログの書き込みに対しそれしかいっていない気もしますが)
今の子達はこんな表情しませんよね?遺伝学的にはホピと日本人は非常に近い(韓国人より近いですね。Y染色体なんかも確か、ホピ、チベットの一部、日本人だけが旧ヘブライ・オリエント系のY染色体だった気がします)
眼は口ほどに物を言うといいますが、眼のほうが遥かに訴える物がありますね・・・。かつて人間と動物、多種の人間なんかもテレパシーというか眼で意思疎通していたのかも、と思う今日この頃。

Posted by: masa | Friday, February 08, 2008 08:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヤング・インディアン・チャイルド:

« 弥生時代の墓23基、石のやじりも確認 | Main | ユッカ・マウンテンの明暗をわける次期大統領選挙 »