« 第50回グラミー賞のネイティブ・アメリカン・ミュージック部門にノミネートされた作品は | Main | ラコタ共和国公式ウェブサイト »

Sunday, December 30, 2007

サウスダコタはラコタ共和国に?

lakota_free植民地における人種隔離体制下に完全に組み込まれるまでのアメリカ・インディアンのなかにはその選んだ生き方に応じてさまざまな名前で呼ばれている人たちがいた。「アップル(外が赤くて内側が白い)」と呼ばれたり、「アンクル・トマホーク(トマホーク伯父さん)」と呼ばれていたり、「砦のまわりのプー太郎」と呼ばれたりする、さまざまな理由から征服者の生き方を迎合して白人階級社会の最下位に組み込まれた人たちで、この被征服民たちがピラミッドをのぼるにはスポーツ選手になるか、芸術家になるか、軍隊にはいるかしかなかった。最近では「BIAインディアン」とか「IRAインディアン」と呼ばれる人たちがいる。前者はアメリカの内務省インディアン事務局にすり寄った人たち、後者は1934年に施行された「インディアン再組織法(Indian Reorganization Act)」によりアメリカによってつくられた傀儡政権の部族議会(日本の自民党みたいなものと思えばわかりがいい)体制下の生き方をよしとする人たちである。今回、合衆国との条約からの完全撤退を表明した自由ラコタ代表団は、「自分たちはそうした植民地体制下のアパルトヘイトを受け入れて自由を求めることのない人たちを代表しない」とあらかじめ表明しているのが印象的だ。

新しい国境線はいまだ発表されていないが、彼らのドメインネームの変更は目を惹きつけるかもしれない。

    (旧)http://www.lakotafreedom.com/index.html

    (新)http://www.republicoflakota.com/index.htm

「Republic of Lakota」(ラコタ共和国)というふうになるのか・・・。

|

« 第50回グラミー賞のネイティブ・アメリカン・ミュージック部門にノミネートされた作品は | Main | ラコタ共和国公式ウェブサイト »

Native News Update」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サウスダコタはラコタ共和国に?:

» ネイティブアメリカン(インディアン)スー族の独立宣言でサウスダコタがラコタ共和国になるんだろうか? [2億5540万の瞳 ビューティフル・ジャパン]
■サウスダコタはラコタ共和国に? 植民地における人種隔離体制下に完全に組み込まれるまでのアメリカ・インディアンのなかにはその選んだ生き方に応じてさまざまな名前で呼ばれている人たちがいた。「アップル(外が赤くて内側が白い)」と呼ばれたり、「アンクル・トマホーク(トマホーク伯父さん)」と呼ばれていたり、「砦のまわりのプー太郎」と呼ばれたりする、さまざまな理由から征服者の生き方を迎合して白人階級社会の最下位に組み込まれた人たちで、この被征服民たちがピラミッドをのぼるにはスポーツ選手になるか、芸術家にな... [Read More]

Tracked on Sunday, December 30, 2007 09:58 PM

« 第50回グラミー賞のネイティブ・アメリカン・ミュージック部門にノミネートされた作品は | Main | ラコタ共和国公式ウェブサイト »