« ゴースト・ダンスは終わらない | Main | サウスダコタはラコタ共和国に? »

Sunday, December 30, 2007

第50回グラミー賞のネイティブ・アメリカン・ミュージック部門にノミネートされた作品は

Totemic Flute Chants2008年2月10日にLAのステープルズ・センターで最優秀賞が発表される第50回グラミー賞のネイティブ・アメリカン・ミュージック・アルバムの部門にノミネートされたのは、『オクラホマ・スタイル(Oklahoma Style)』(Walter Ahhaitty & Friends)、『この踊り手を見つめよ(Watch This Dancer!)』(Black Lodge)、『オールド・タイムズのバラード(The Ballad of Old Times)』(Davis Mitchell)、『再結合(Reconnections)』(R. Carlos Nakai, Cliff Sarde & William Eaton)、『トーテミック・フルート・チャント(Totemic Flute Chants)』(Johnny Whitehorse)の5作品。また、メアリー・ヤングブラッド、ビル・ミラー、トニー・レビン、ケビン・ロックなどといったネイティブ・アメリカンの著名なミュージシャンたちがそれぞれ曲に参加してつくられている Peter Kater のアルバム「太陽の顔(Faces of the Sun)」はニューエイジ・ミュージック部門にノミネートされている。カルロス・ナカイは喜多郎と並んでグラミー賞ノミネートの常連だが、今回の顔ぶれの仲でのおすすめはジョニー・ホワイトホースのアルバム『トーテミック・フルート・チャント』(図版)だろう。これは、12のトーテムとなるものに捧げられたネイティブ・アメリカン・フルートによる祈りで、そのトーテムとは、クーガー、コヨーテ、サンダーバード、羽化、母なる地球、蛇、バッファロー、鯨、大角鹿、イーグル、熊、狼である。今回グラミーにノミネートされた合計6つの作品は、shop NATIVE HEARTからアクセスできるようにしておいた。視聴できるものもあるので、自分の耳でその出来を確かめてください。

|

« ゴースト・ダンスは終わらない | Main | サウスダコタはラコタ共和国に? »

Native News Update」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第50回グラミー賞のネイティブ・アメリカン・ミュージック部門にノミネートされた作品は:

« ゴースト・ダンスは終わらない | Main | サウスダコタはラコタ共和国に? »