« 今、最も先住民にたいする人権侵害がひどい10の国 | Main | 今日は世界人権デーだから「人間としての権利」について確認しておく »

Sunday, December 09, 2007

ピース、ピース、ピース、ピース・オブ・マインド、ピース・オン・アース

ぼくは信じてる。世界の平和を人びとが望めば、たちまち平和が訪れると。問題は、そんな簡単に平和が手にはいるものだとは、みんなが気がついていないことなんだ。

ジョン・レノン 1969年

昨日ジョン・レノンの命日に紹介したヨーコさんが提供してる「イマジンピース」というサイトに行くと、ヨーコさんが27年前のあの日のジョンにあてて書いた英語の手紙を読むことができる。このサイトは今年の10月9日のジョン・レノンの67歳の誕生日の日に開始された「史上最大のオンライン・ピース・イベント」のステージである。

まだ生まれていなかった人もいっぱいいるのだろうけれど、27年なんてつい昨日のようにも思える反面、ずいぶん大昔のようにも思えて、妙な感慨にふけることが(ぼくには)できた。それに「(あなたが望むなら)戦争は終わる」「平和に機会を与えよう」のジョンとヨーコのインタヴューが自動的に流れてくる。平和な目で、少し怒ったように、ジョンがどうやって平和を手に入れるかについて語っている。

平和とはなにか、「(あなたが望むなら)戦争は終わる」のポスターの意味、ありとあらゆる平和、心の平和、地球の平和、平和、平和、平和、戦争は終わる、平和、平和、平和、ピース、ピース、ピース・・・そしてその隣にある『WAR IS OVER! IF YOU WANT IT 「(あなたが望むなら)戦争は終わる」』のポスター。

実はこのポスターは、その昔、戦争中毒のアメリカが別のところでエゴイスティックな別の戦争をしていたとき、ジョンとヨーコがデザインを考えて、クリスマスと新年の挨拶のために世界に向けて作ったものだ。そのポスターの下に「アートワークはここからダウンロードできます」と書かれているので、クリックしてみるといい。すると、原寸大の大きなポスターがどこからともなく降ちてくる。そうしたらそれをプリントアウトして、あなたの部屋の窓に、学校の教室の窓に、職場の部屋の窓に、自動車の窓に、コンピュータに、そして世界の人から見えるところならどこにでも張りだして、このホリデーシーズンを過ごしてくださいと、ヨーコさんとジョンさんのスピリットが言っている。

良いクリスマスを!

|

« 今、最も先住民にたいする人権侵害がひどい10の国 | Main | 今日は世界人権デーだから「人間としての権利」について確認しておく »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

"WAR IS OVER If you want it" このメッセージがプリントされたマグネットを冷蔵庫に貼付けてます。

しかしながらこのジョンとヨーコのメッセージがいまだにリアルなメッセージとして意味をなしてしまう現代というのは、当時から我々は同じ事を繰り返し続けているという事なのでしょうね。 

Posted by: broken arrow | Sunday, December 09, 2007 at 07:18 PM

つまり、世界が平和であふれるぐらいまで、われわれはそれを望んではいなかったと言うことなんだろうね。残念だけど。このメッセージを広げる人が若い文化のなかから続々現れたという話しも聞かないし。Rock もソフィストケートはされたけれど、彼以前の世代に頼ったままだから。アーティストの責任も大きいのかな。

Posted by: Kitayama "Smiling Cloud" Kohei | Sunday, December 09, 2007 at 07:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/17311784

Listed below are links to weblogs that reference ピース、ピース、ピース、ピース・オブ・マインド、ピース・オン・アース:

» Happy Christmas.War is over! [ecogroove]
映画「PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」を 見てきました。 かなりへヴィーに心に響きました。 ジョンの生き様や音楽については、 これまでも様々なところで語られてきましたが、 ベトナム戦争真っ最中のニクソン政権と ジョンとの戦いについて ここまで生々しく伝えたものは なかったのではないでしょうか。 当時のジョンの知り合いやジャーナリスト、 そして元FBIや政府関係者の証言が、 当時の映像とともに語られるこの映画。 暴力に訴えず、批判に流されず、 愛と平和を表現し続けたひとりの人間。 その... [Read More]

Tracked on Monday, December 24, 2007 at 09:25 AM

« 今、最も先住民にたいする人権侵害がひどい10の国 | Main | 今日は世界人権デーだから「人間としての権利」について確認しておく »