« ノーマン・メイラーが残したものを思いながら | Main | OUR HOME  わたしたちが「家」とよべるただひとつの星 »

Wednesday, November 14, 2007

リザベーションを舞台にした超自然的なスリラー映画

先週の土曜日に発表された第32回アメリカン・インディアン・フィルム・フェスティバルで最優秀映画に選ばれた「インプリント(しるし)」のトレイラー。パインリッジ居留地やバッドランドが舞台となった超自然現象を扱ったスピリチュアルな現代スリラー。予告編を見る限りかなり面白そうだけど。

プロデューサーのクリス・イアは、チェロキーとアラパホの両方の部族の血を受け継ぎ、1998年におなじアメリカン・インディアン・フィルム・フェスティバルで最優秀映画賞を受賞した「スモーク・シグナルズ」の製作者でもある。サンダンス映画祭で高い評価を得たその映画は99年に日本でも公開されたし、テレビでも最近放映された。そういえば当時映画のプロモーションで来日したときに、試写会が終わったあと、ぼくは雑誌の仕事で学生のよう見えるスニーカーとブラックジーンズにTシャツ姿の彼と話し込んだことがある。ネイティブ・アメリカンの今を常に見据えて、そこから作品作りをしている彼にぼくはそのとき以来注目している。

Official Chris Eyre Website

Imprint
Director: Michael Linn
Chris Eyre and Linn Productions
88 Minutes • USA

|

« ノーマン・メイラーが残したものを思いながら | Main | OUR HOME  わたしたちが「家」とよべるただひとつの星 »

Native News Update」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リザベーションを舞台にした超自然的なスリラー映画:

« ノーマン・メイラーが残したものを思いながら | Main | OUR HOME  わたしたちが「家」とよべるただひとつの星 »