« 虹が出るようになった理由 ラコタ(スー) | Main | Red Hot Longest Walk Benefit Concert »

Thursday, October 04, 2007

インディアンのママたちの眼力

ンディアンの母親が息子のイエローフェザーのところに夕食を食べにやってきた。息子はルームメイトの女の子と暮らしている。女の子の名前はサンシャイン。

とても可愛らしい女性で、3人で食事を食べはじめるまえから、母親は息子のルームメイトだというサンシャインの美しさに目を奪われっぱなしだった。息子とルームメイトの関係がただならないものであることにママは即座に気がついた。そしてふたりがどの程度までの関係なのかさらにつっこんで知りたくなった。

食事のあいだじゅうママはふたりのやりとりや仕草を目を皿のようにして観察した。あきらかにふたりが、ただのルームメイトではなく、一線を越えた関係であることは明らかだった。

母親の心を読んだものか、息子のイエローフェザーが先手を打ってきた。

「よしてよ、母さん、ぼくたちはそんな関係じゃないからね。サンシャインはただのルームメイトなんだから」

週間後、サンシャインがイエローフェザーのそばにやってきて尋ねた。

「あなたのお母さまがいらっしゃった日から、わたしの銀の小さなシールドがどこかにいっちゃったのよ。お母さまが持ち帰ったなんてことはないわよね?」

イエローフェザーがこたえた。

「まさかそんなことはないと思うよ。でも念のためにメールを出して聞いてみようか」

さっそく彼はパソコンの前に座ってキーボードを叩いた。


親愛なるママへ

もしかしてぼくの部屋から銀のシールドを持ち帰ったなんてこと、したりしていませんか? そんなことはあるわけないとは思うのだけど、ママがここに食事に来た日からそいつがどこかに消えたままになっているので。どこかにまぎれこんだりしていなかったかな、と思って。

愛する息子のイエローフェザーより


れから数日して、イエローフェザーは母親からの返事のメールを受け取った。メールにはこう記されていた。


親愛なる息子へ

あなたがサンシャインという娘さんと一緒にひとつベッドで寝てるなんてことはいいませんけど、だからといってわたしはあなたたちが一緒に寝ていないとも言っているわけではありません。あなたたちの関係がどうあれ、もし彼女が「自分」のベッドでちゃんと寝ているのなら、銀のシールドが枕の下にあることぐらいは当然すぐに気がつくという事実に変わりはないのですから。

愛をこめて

あなたのママより

今日のレッスン:母親に嘘をついてはいけない。もしあなたがインディアンならなおさらのこと。



Native jokesインディアンは笑う』北山耕平編・構成。(おそらく)世界で初めてのネイティブ・アメリカン・ジョーク・コレクションの本。笑うことで世界をひっくり返す知恵の書。笑いの百連発! 当ブログから生まれた本。マーブルトロン発行 中央公論新社発売 ブックデザイン グルーヴィジョンズ。好評発売中

|

« 虹が出るようになった理由 ラコタ(スー) | Main | Red Hot Longest Walk Benefit Concert »

Indian Humor / Indian Jokes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インディアンのママたちの眼力:

« 虹が出るようになった理由 ラコタ(スー) | Main | Red Hot Longest Walk Benefit Concert »