« 先住民の代表としてエボ・モラレス・ボリビア大統領が先日国連のあるニューヨークで語ったこと | Main | ボリビア大統領の次なる打つ手 »

Saturday, September 29, 2007

正義を求める闘い

featherビルマの人たちの正義を求める闘いと、アメリカのネイティブ・ピープルである西ショショーニ国の人たちの直面している闘争の根っこは同じものである。ニュウイ(西ショショーニ)の人たちが自分たちの国を取り戻そうとする試みを止めるために、今までのところアメリカ合衆国が公然と惨殺という手段に出ることはなかったのは幸いではあったけれど。ビルマの人たちを助けるためにわれわれにできることはなんだろう?

arrow2 ko htike's prosaic collection

インターネットとの接続が切られる直前の9月27日までのビルマの模様を伝える「ko htike」さんの「ビルマにおける退屈な日常」を伝えるブログを見てみよう。ほとんどがビルマ語で書かれているので英語以外は文字化けしているが、写真の一枚一枚は生々しく現実を写し出している。

|

« 先住民の代表としてエボ・モラレス・ボリビア大統領が先日国連のあるニューヨークで語ったこと | Main | ボリビア大統領の次なる打つ手 »

Koyaanisqatsi (Life out of balance)」カテゴリの記事

Comments

本当に。できることはなんだろう?

ここで北山さんが「ビルマ」とよんでいるのを受けて
ミャンマーではなく私もビルマとよびます。

Posted by: 犬田R | Wednesday, October 03, 2007 01:51 AM

マザー・テレサが言うように、
「愛」の反対が「無関心」だとしたら。
私にできることは、これからも、
ビルマに関心を持ち続けること。

Posted by: たきの | Wednesday, October 03, 2007 05:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 正義を求める闘い:

« 先住民の代表としてエボ・モラレス・ボリビア大統領が先日国連のあるニューヨークで語ったこと | Main | ボリビア大統領の次なる打つ手 »