« インディアン・スカウトの名人の技 | Main | ある芸術家の目に映った19世紀の平原インディアン »

Monday, August 13, 2007

年齢を重ねるのも悪くない?

あるパウワウの会場でのこと、インディアンのエルダーたち3人が額をつきあわせてなにやら話しあっていた。ひとりはポーニー族のじいさまで、もうひとりはネスパース族、残りのひとりは北部ユート族の老人だった。60歳になるポーニー族のじいさんがこう言っていた。

「60歳は最悪だな。とにかく小便が近くていかん。そのくせに、いざ小便をしようとすると、今度はなにも出てきやがらないときてる」

「なにいっとるんだい、そんなことは悩みにもならんな」70歳になるネスパースのじいさまが口を開いた。「いいか、70になるとな、腹の動きがピタと止まっちまって、下剤を飲んでも、植物繊維のたっぷり入ったものを食べても、便所に1日入って座り込んでいても、通じが悪くてウンともスーともなにも出てこないんだ!」

「おまえたちは甘いなあ」と北部ユテ族のじいさんがそれを受けて続けた。「最悪なのは80歳だ」

「なにかい、あんたも小便が出ないのかね?」

60のじいさんがたずねた。

「うんにゃ。毎朝6時にはちゃんと小便が出る。判で押したようにきっちりと小便は出る。小便に問題はない」

「ということはなんだな、お前さんの悩みも便通だな?」

「うんにゃ。便通は毎朝きまって6時半にある。そんなのも問題に入らん!」

これを聞いて60のじいさんがいらだちを隠せない様子でたずねた。

「毎朝6時に小便がきちんと出てくれて、6時半には大きい方もちゃんと出る。悪くないじゃないか。いったい80歳のどこがそんなに最悪なんだね?」

するとその80のじいさまが応えた。

「毎朝目を覚ますのがな、7時なんだよ」


Native jokes『インディアンは笑う』北山耕平編・構成。世界で初めてのネイティブ・アメリカン・ジョーク・コレクション。笑うことで世界をひっくり返す知恵の書。当ブログから生まれた本。マーブルトロン発行 中央公論新社発売 ブックデザイン グルーヴィジョンズ。最新刊、好評発売中!

|

« インディアン・スカウトの名人の技 | Main | ある芸術家の目に映った19世紀の平原インディアン »

Indian Humor / Indian Jokes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 年齢を重ねるのも悪くない?:

« インディアン・スカウトの名人の技 | Main | ある芸術家の目に映った19世紀の平原インディアン »