« シッティング・ブルの自画像とヴィジョン | Main | 左拳を高く掲げよう »

Friday, August 03, 2007

インディアンの女性は怒らせてはいけない

のカイオワの男には目に入れても痛くない子どもたちが6人いた。子供を6人ももうけた「偉業」に男は多いに満足していたらしく、あるときから自分の女房のことを、彼女が嫌だというのにもかかわらず、彼は自慢げに公然と「6人の母さん」と呼ぶようになった。

ある晩、2人はパーティに出かけた。やがて夜も更けてきて、自分たちの退け時だと判断した男は、奥方をうながすべく、わざとらしく大声でこう呼びかけた。

「おいそろそろ、おいとましようや、ぼくの小さな6人の母さん!」

場をわきまえぬ思慮を欠いた夫の呼びかけに、彼女は半ば切れて、同じように大声でこう言い返していた。

「ええ、あなたさえよければいつでもよくってよ、4人のお父さん!!」


Native jokes『インディアンは笑う』北山耕平編・構成。世界で初めてのネイティブ・アメリカン・ジョーク・コレクション。笑うことで世界をひっくり返す知恵の書。当ブログから生まれた本。マーブルトロン発行 中央公論新社発売 ブックデザイン グルーヴィジョンズ。最新刊、好評発売中!

|

« シッティング・ブルの自画像とヴィジョン | Main | 左拳を高く掲げよう »

Indian Humor / Indian Jokes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インディアンの女性は怒らせてはいけない:

« シッティング・ブルの自画像とヴィジョン | Main | 左拳を高く掲げよう »