« 左拳を高く掲げよう | Main | もしかして、この顔に見覚えがありませんか? »

Sunday, August 05, 2007

昔男ありけり

男がいました。男はある娘に結婚を申し込みます。「ぼくと結婚してくれませんか?」「いやよ」娘はこたえました。それ以後男は、ひとりで自由に釣りに行き、狩りに出かけ、やりたいだけゴルフを楽しみ、ビールを浴びるほど飲み、気ままに好きなところでおならをして、一生幸せに暮らしましたとさ。めでたし、めでたし。


Native jokes『インディアンは笑う』北山耕平編・構成。世界で初めてのネイティブ・アメリカン・ジョーク・コレクション。笑うことで世界をひっくり返す知恵の書。当ブログから生まれた本。マーブルトロン発行 中央公論新社発売 ブックデザイン グルーヴィジョンズ。最新刊、好評発売中!

|

« 左拳を高く掲げよう | Main | もしかして、この顔に見覚えがありませんか? »

Indian Humor / Indian Jokes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昔男ありけり:

« 左拳を高く掲げよう | Main | もしかして、この顔に見覚えがありませんか? »