« 不法侵入 | Main | ナバホの人たちのなかには10年以上も火力発電所の増設に反対してきた人たちがいるのだ »

Saturday, July 28, 2007

フライブレッドが死ぬほど好き

frybread族会議の議長を務めた男が死の床についていた。息を引き取る寸前、彼が横たわる部屋に、揚げたてのフライブレッドのなんともいえないよい香りが漂ってきた。

あああああああああああああああああああーっ。

男は世界のなによりもフライブレッドが好物だった。

最後に残ったエネルギーのすべてを振り絞るようにして、彼はベッドからよろよろと起き上がった。そしてそのまま匂いに誘われるように、よろよろと階段を下りて、よろよろと台所に入っていった。台所では彼の最愛の妻のリリアンが、黙々と新しくパン生地をこねていた。かたわらには揚げたてで湯気が出ているフライブレッドが山と積まれている。いまわの男が死にそうになりながら手を伸ばしてそのフライブレッドのひとつをかろうじてつかもうとしたそのとき、妻が大きな木製のスプーンで男の手の甲をぴしゃりと叩いて言った。

「だめよ! お葬式のために作っているんだから!」


Native jokes『インディアンは笑う』北山耕平編・構成。世界で初めてのネイティブ・アメリカン・ジョーク・コレクション。笑うことで世界をひっくり返す知恵の書。当ブログから生まれた本。マーブルトロン発行 中央公論新社発売 ブックデザイン グルーヴィジョンズ。最新刊、好評発売中!

|

« 不法侵入 | Main | ナバホの人たちのなかには10年以上も火力発電所の増設に反対してきた人たちがいるのだ »

Indian Humor / Indian Jokes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フライブレッドが死ぬほど好き:

« 不法侵入 | Main | ナバホの人たちのなかには10年以上も火力発電所の増設に反対してきた人たちがいるのだ »