« 今夜の月はいつもと少し(大きく)ちがう | Main | コロンブスを笑え »

Friday, June 29, 2007

イラクの沙漠のインディアンたち

ここはイラクの最前線の沙漠。インディアンの3人の突撃隊員を前にして上官がきりだした。「お前らインディアンたちは命を落とさないための伝統的な装備を、国からもってきているようだな?」

「イエス、サー、わたくしはサボテンを一個まるごともってきております」と自慢げにこたえたのは、アメリカ南西部の沙漠で生き延びるピマ族出身の兵士だった。彼は続けた。「絶えられないぐらい暑くなったときには、この先端を切り落として中の水を飲むのであります」

それを聞いて上官は感心したような顔つきになった。すると、出し抜かれてたまるかという風情でニューメキシコのプエブロ出身の兵士が言った。「サー、わたくしは神聖なトウモロコシの花粉をもってきております。絶えられないぐらい暑くなったときには、これで祈るのであります。すると雨が降ります」

上官はプエブロ出身の兵士の言葉にいっそう感心した様子だった。すると自分だって出し抜かれてたまるかという面持ちで、平原インディアンのパウニー族出身の兵士が言った。「サー、わたくしは、1959年型シヴォレー・インパラから取り外した車のドアをもってきました」

「それでなにをするというのか?」と上官がたずねた。

するとパウニーの兵士が胸をはってこたえた。「ハッ、絶えられないぐらい暑くなったときには、わたしはこうやって車の窓をおろすのであります」

|

« 今夜の月はいつもと少し(大きく)ちがう | Main | コロンブスを笑え »

Indian Humor / Indian Jokes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/15591587

Listed below are links to weblogs that reference イラクの沙漠のインディアンたち:

« 今夜の月はいつもと少し(大きく)ちがう | Main | コロンブスを笑え »