« わたしにつながるすべてのものたちに感謝を | Main | インディアンは笑うという本のまえがき »

Sunday, June 24, 2007

プレーリー・ウインド・カシノのレストランで

Prairie Wind Casino & Hotelサウスダコタ州の南部にパイン・リッジ・インディアン・リザベーションがありオグララ・スーの人たちが暮らしている。リザベーションの近くに、オグララの人たちが所有し運営する24時間営業のプレーリー・ウインド・カシノ(大草原の風という名前のカシノ)がある。働いているのもオグララ・ラコタの人たちで、このカシノには78部屋のホテル、水泳用プール、劇場、レストランなどが備わっているのだが、これはそのレストランでの話。

お客さんのところにウェイターが注文された料理のステーキを運んできた。そのウエイターの料理の運び方を一目見てお客がいきなり激高して大声をあげた。

「なんだよ、きったねえなあ! 親指でステーキをおさえたりしてよ!」

ウェイターがこたえた。

「そうはおっしゃいますが、もう一度床に落とせって言うんですかぁ!?」

|

« わたしにつながるすべてのものたちに感謝を | Main | インディアンは笑うという本のまえがき »

Indian Humor / Indian Jokes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プレーリー・ウインド・カシノのレストランで:

« わたしにつながるすべてのものたちに感謝を | Main | インディアンは笑うという本のまえがき »