« 風をひらく 南房総 7月7日、8日のお知らせ | Main | アメージング・グレイス(チェローキー語) »

Tuesday, June 05, 2007

メロウすぎて武器にはならないという米陸軍の結論

「LSDやマリファナなどの薬物は、予測不可能か、もしくは気分をリラックスさせすぎるため、兵器として有効ではないという結論に達した」
----acid and pot were either too unpredictable or too mellow to be useful as weapons,

1955年から1972年ごろにかけて、アメリカ陸軍のメリーランド州エッジウッド兵器厰(へいきしょう)で行なわれた、敵兵を無力化する化学兵器の開発を目的とした実験の中で、実際に有志の兵士たちにマリファナやLSDなど20種類以上の向精神薬を投与した精神科医のJames Ketchum氏が新刊の回想録で述べたこと。

Source : 米陸軍の幻覚誘発薬研究の実態が明らかに (WIRED VISION)

|

« 風をひらく 南房総 7月7日、8日のお知らせ | Main | アメージング・グレイス(チェローキー語) »

Koyaanisqatsi (Life out of balance)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/15323933

Listed below are links to weblogs that reference メロウすぎて武器にはならないという米陸軍の結論:

« 風をひらく 南房総 7月7日、8日のお知らせ | Main | アメージング・グレイス(チェローキー語) »