« ひとりぼっちであること ひとりきりになること | Main | 自然という大学で人はなにを学ぶか »

Sunday, May 13, 2007

石の人の話すことに耳を傾けてごらん

このまわりにある石のひとつひとつ、そのすべてが独自の言葉を持っている。大地にだって、大地の歌があるのだ。
ウォーレス・ブラック・エルク ラコタ

木の一本一本、植物という植物、虫という虫、そうしたものがことごとく話をするということを信じるためには、頭が開いていなくてはならない。頭を開くには、ひとりで自然の中に入り、静かに座ってみる。しばらくして落ち着いてきたら、あたりに転がっている石のどれかをひとつ手にとって、自分の考えていることに耳を傾けてみる。しばらくしたら、その石をもとのところに戻して、別の石を拾いあげてみよう。すると、自分の考えていることも変化することに気がつく。そうやって変化していく自分のなかの声、その声はネイティブの人たちに言わせれば「石の人(ストーン・ピープル)」の声である。声の主には知恵が備わっている。石の人はどれもみなことごとく異なる知恵を持つ。「石のひとつひとつが独自の声を持っている」とウォーレス・ブラック・エルクが言っているのは、そのことである。石の人たちはそれぞれに異なる知恵をわれわれに分けてくださる。石の人のほとんどがみなとてつもない老人であり、賢さもただならないことを、地球とつながって生きる人たちは例外なくよく知っている。

next Native Heart: 「パワー・オブ・ストーン」自著紹介

|

« ひとりぼっちであること ひとりきりになること | Main | 自然という大学で人はなにを学ぶか »

Ho! (Quote of the Day)」カテゴリの記事

Comments

長野のお寺にある樹齢700年だかの
古い桜の前に立ってみたとき
とても静かだったのが不思議でした。
でもしばらくそこにいると
そうだったのか、たいへんだったな、と
話を逆に聴いてもらった気がして
とても癒されて解放された気持ちがしたのを覚えています。
古木は話を聴いてくれることもあるのでしょうか。

Posted by: 白いうさぎ | Sunday, May 13, 2007 02:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 石の人の話すことに耳を傾けてごらん:

» 石の人の話すことに [animism online]
 朝、いつものようにRSSリーダーを眺めていて、ちょっとビックリすることがあった... [Read More]

Tracked on Monday, May 14, 2007 07:57 AM

« ひとりぼっちであること ひとりきりになること | Main | 自然という大学で人はなにを学ぶか »