« 蝶々はなぜつくられたのか? (部族不明) | Main | 環境にたいするホロコーストを終わらせるために »

Wednesday, April 11, 2007

コロンブスがきたときにはじまった戦争はまだ続いている

Michael Berry3月下旬にテキサス州ヒューストン市のミカエル・ベリー[Michael Berry]市会議員(写真)がラジオ番組(KPRC--TALKRADIO 950AM)のなかで語った言葉が波紋を広げている。市会議員を三期連続でつとめ、最近は「ヒューストンで最も優れたラジオ・ホスト」にも選ばれた「正直者の」彼は、このように話したのだった。

「これ以上アメリカ・インディアンに謝罪するために、これまでのように時間とエネルギーを費やすべきではない。われわれは連中に、カジノだって与えてやったし、特別な狩猟漁猟のライセンスも与えた。特別な奨学金も与えている。いったいなぜなんだ。理由がわからない」

「なるほどわれわれは連中を征服した。いいですか、そいつはもう歴史なんだ」

「アメリカ・インディアンに生活保護を与えることに有権者は反対すべきでしょう。なぜなら、連中は200年前に戦いで敗退した。ありのままを見ようじゃないですか。連中はわれわれと戦争をして負けたものたちなのだ」

Source : CENSORED: Racism: Houston Mayor Pro Tem Insults American Indians

|

« 蝶々はなぜつくられたのか? (部族不明) | Main | 環境にたいするホロコーストを終わらせるために »

Native News Update」カテゴリの記事

Comments

侵略者の本音を如実に表したとても「正直」なスピーチですね。弓の島の上に敷かれた絨毯にも同じ言葉が書かれていて、耳にタコができるほど聞いている気がするなぁ。

数千年前から綿々と広がっているこの絨毯の上だけを見ていたら「歴史」がそんな風に見えるのも当たり前だけど、その気になって見れば絨毯はあちこち破れ綻びていて、少々日当たりはわるくなったけど大地にはちゃんと草々が伸びている。自分を支えられなくなった絨毯がほつれれば、やがて地に吸収されて、また太陽をたっぷり吸えるだろうね。

Posted by: 山竒 | Wednesday, April 11, 2007 10:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コロンブスがきたときにはじまった戦争はまだ続いている:

« 蝶々はなぜつくられたのか? (部族不明) | Main | 環境にたいするホロコーストを終わらせるために »