« FROM ME TO YOU | Main | 怒れる白人の子どもたちが立ちあがるとき »

Monday, March 05, 2007

『森の哲学者 メイナク族』上映会&シェアリングへのお誘い

来る3月25日に『森の哲学者 メイナク族』というドキュメンタリーの放映会とシェアリングが新横浜で開かれます。制作したのは森谷博さんで、小生が一昨年に日本列島の歴史を先住民の目からとらえなおすためにおこなった「時の輪講座」以来、同じ道を歩いている仲間のひとりです。そのお知らせを以下に掲載します。ぼくもこの日は顔を出してシェアリングに参加する予定でいます。同じモンゴロイドの末裔として、われわれが便利な暮らしを追いかけるなかでなにを失ったのかを確認する意味でも、できるだけ多くの心ある人たちに見てもらいたいドキュメンタリーです。以下にそのイベントの案内を掲載しておきます。

メイナクの子どもたちブラジル・アマゾンの森に暮らす先住民、メイナク族。日本で言えば、縄文時代の暮らしをいまだ続けている人々。文字を持たず、貨幣経済も持たず、彼らは1万年の時を超えて、森とともに生きてきました。

このドキュメンタリーは、彼らの日々の暮らしを追ったものです。彼らの言葉には「しあわせ」、「自然」、「宗教」、「芸術」などはありません。そこにかいま見られる彼らの生き方そのものが、この地球上で生きるとは何なのかを、私たちに問いかけています。

まず第1部で映像を見ます。そして、第2部は、映像を見て、おひとりおひとりの方々が感じられたこと、受けとられたことを分かち合う場にしたいと思っております。ひとりひとりのハートに響いたことを大切に皆さんとシェアしあう中から見えてくるもの、同じ地球の上で生きる人間として普遍的なものを彼ら(メイナク族)からのメッセージとして深く受けとめてゆく場にできたらと。そして、歩み続ける道の途中に、皆さんと出会えることを願いつつ、ご来場を心からお待ちしております。

当日は、このドキュメンタリーの制作者、森谷さんも来場します。

ドキュメンタリー『森の哲学者 メイナク族』
上映会&シェアリング

日時:2007年3月25日(日)

   12:30 開場 (秘蔵VTRの上映有り。)
   13:00 第1部 『森の哲学者メイナク族』上映
   15:00 第2部 シェアリング Part-1
   16:00     シェアリング Part-2(希望者のみ)
   17:30 終了予定
   *シェアリングPart-1の終了が押す場合もあります。

会場スペース・オルタ 
〒222-0033 横浜市港北区
新横浜2-8-4オルタナティ ブ生活館B1
TEL : 045-472-6349 FAX : 045-472-5029
地図 新横浜駅から徒歩6分

参加費 無料:Give away の場とします。
ドネイション(カンパ)、飲食の持ち寄り、歓迎!

主催 時の輪の小さな輪 (北山耕平さんを講師に、日本列島の歴史を先住民族の目線から学ぶ「時の輪講座」に参加した「時の輪ネット」のメンバーの有志から広がる輪)

共催 スペース・オルタ/ 協力 アース○サークル、SHOW

問い合わせ先:earth-circle@rainbow.dti.ne.jp


ドキュメンタリー
『森の哲学者 メイナク族』
(ディレクター・森谷 博 2000年制作 104分)

ハイビジョンアウォード2000選定委員賞受賞作品

「綿密に計画された知恵の伝承」(三砂ちづる著『オニババ化する女たち』より)

ディレクターのプロフィール
東京都下の百姓の家に生を受ける。TBSテレビに10年間勤務。野生動物の取材で北極圏から南極大陸まで世界五大陸を旅し、遊動生活を続ける。メイナク族と出会うことで、自分本来の土に根ざした生き方を模索すべく退社。百姓・庭師修業の傍ら、永続循環型の暮らしを創造するパーマカルチャーを学ぶ。現在、日本列島の先住民族アイヌのドキュメンタリー制作に取り組んでいる。

WEB Site

|

« FROM ME TO YOU | Main | 怒れる白人の子どもたちが立ちあがるとき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『森の哲学者 メイナク族』上映会&シェアリングへのお誘い:

« FROM ME TO YOU | Main | 怒れる白人の子どもたちが立ちあがるとき »