« 『森の哲学者 メイナク族』上映会&シェアリングへのお誘い | Main | 3月9日は「へこたれるなよの日」 »

Wednesday, March 07, 2007

怒れる白人の子どもたちが立ちあがるとき

Die-in

アメリカの子どもたちの間にも相当不満が募ってきているらしい。この3月19日の正午に、サンフランシスコのダウンタウンで大規模な戦争を止めるための抗議行動「ダイ・イン」がおこなわれる。これはその呼びかけのポスター。「イラクがもしアメリカだったなら」「2003年3月19日の侵攻以来サンフランシスコのベイエリア地区の全人口に匹敵する数のヒトがひどい殺され方をしてたかも!」「その数、7,000,000人」「戦争を止めよう!」「死んだふりで抗議を!」と書いてある。日本の自衛隊もこの戦争に荷担しているんだよな。

|

« 『森の哲学者 メイナク族』上映会&シェアリングへのお誘い | Main | 3月9日は「へこたれるなよの日」 »

Native News Update」カテゴリの記事

Native Time (Herstory)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/14174429

Listed below are links to weblogs that reference 怒れる白人の子どもたちが立ちあがるとき:

« 『森の哲学者 メイナク族』上映会&シェアリングへのお誘い | Main | 3月9日は「へこたれるなよの日」 »