« 命がけの航海は続いている | Main | エボ・モラレス・オン・NHK »

Saturday, February 24, 2007

世界で最初の物語は地面に開いた穴のなかから聞こえてきた

ルナペ(デラウエア)一族に伝わるお話し

男が狩りから戻ると、地面に奇妙な穴がひとつ開いていた。不思議そうに穴の中をのぞきこんでいると、その穴のなかから誰かが話しかけてきた。

いったいあなたさまはどなたですかと、狩人はたずねた。

その問いにたいする返事はなかった。自分はグランドファーザーだと穴のなかでその人はなのると

「もし物語を聞きたいものがあれば、ここにやってきて、煙草か食べるものをほんの少し包んで投げ入れるがよい。そうすればお話しを聞かせてあげよう」

ということで、人々が集まるようになった。そしてそれが、ほんとうか嘘かわからないお話しの、はじまりだった。

グランドファーザーは村人たちにこう戒めていた。春になって暖かくりはじめたら、もう絶対にお話を語ってはいけないと。

「まんがいちこの約束を破ったら、蛇や虫などのありとあらゆる小さな生き物たちが、お前を追い回すようになるだろう」

|

« 命がけの航海は続いている | Main | エボ・モラレス・オン・NHK »

Storytelling Stone」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界で最初の物語は地面に開いた穴のなかから聞こえてきた:

« 命がけの航海は続いている | Main | エボ・モラレス・オン・NHK »