« 彼らはなぜ歩き、走るのか? | Main | ホピの土地からセドナまで走っていのちの水を運ぶ »

Thursday, February 22, 2007

続・彼らはなぜ走るのか?

インディアンは走る。男も走るし、女も走る。子どもも走るし、大人も、年寄りも走る。なぜこんなに走るのが好きなのだろうか?

アシハヤ聞いた話では、地球に生きる人たちが走りはじめるはるか以前のこと、動物たちと神さまたちはしばしば駆け比べをして遊んでいたそうだ。その後、神さまたちは人間たちにも同じようにすることをすすめられ、動物たちには、駈け比べのやり方を人間たちに教えるように伝えられた。それ以後、インディアンの人たちは走ることに夢中になったのだという。

真偽のほどは確かではないけれど、神さまたちならやりそうなことではある。さまざまな部族に、動物たちとの駈け比べをする神話が残っているのはそういうわけなのだ。

参考図書 アシハヤ [熊と駈け比べをした足の速い少年の話] 再話 北山耕平

|

« 彼らはなぜ歩き、走るのか? | Main | ホピの土地からセドナまで走っていのちの水を運ぶ »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/14005363

Listed below are links to weblogs that reference 続・彼らはなぜ走るのか?:

« 彼らはなぜ歩き、走るのか? | Main | ホピの土地からセドナまで走っていのちの水を運ぶ »