« 続・正しい時と場所を生きる(1966-1976) | Main | アメリカにとって最も危険な男のクールなドキュメンタリー »

Monday, January 29, 2007

子どもには最初にわけあうことを教えこむ


Mourning Dove
Mourning Dove
(Christine Quintasket)
Salish, 1888 - 1936

子どもたちはなにはさておきまず「わけあうこと」を考えるように厳しくしつけられました。女の子がはじめていちご摘みや植物の根を掘り出しに参加したときなどには、自分の摘んだいちごや掘り出した根を一族の長老にまずプレゼントするようにしむけられます。そうすることで少女は将来にわたって自分が得たものをみんなと分けあうようになるのです。子どもが水汲場から水を運んできたら、エルダーたちはそのことを褒め、少年が運んできた水や少女の摘んできたいちごをさもおいしそうに大げさなまでに味わって見せました。子どもは怠けることなく若木のようにまっすぐに育つことを奨励されたのです。

モーンニング・ダブ(クリスティーン・クィンタスケット)
サリッシュ一族、作家


|

« 続・正しい時と場所を生きる(1966-1976) | Main | アメリカにとって最も危険な男のクールなドキュメンタリー »

Ho! (Quote of the Day)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 子どもには最初にわけあうことを教えこむ:

« 続・正しい時と場所を生きる(1966-1976) | Main | アメリカにとって最も危険な男のクールなドキュメンタリー »