« 戦争の地図でなにが見える? | Main | 「兄」から「弟」へのメッセージ »

Friday, January 12, 2007

不都合な真実とコンドーム

An Inconvenient Truthシントン州のある地区の高校がアル・ゴア元副大統領の渾身の作の「不都合な真実」という映画を生徒に見せる計画を立てたところ、聖書に基づく天地創造説を教えることを支持し性教育に反対する父兄のグループから地元の教育委員会に計画の撤回を求める意見が提出されたことで、映画鑑賞が延期されるなど、すこし都合が悪いことになってしまった。

怒りをあらわにした父兄のひとりは「学校にコンドームがふさわしくないのと同じ理由で、アル・ゴアなんていらない。アル・ゴアは学校の教師ではない」と述べている。この父兄は「地球は現在誕生から14000年」という説を信じており、「映画で示される情報は真実からほど遠いゆがんだものである・・・聖書には最後の時はすべてが火に焼かれると書かれてあるのに、映画にはこの視点が欠けている」と主張している。

教育委員会によって鑑賞会が延期されてしまったことに映画の副プロデューサーのひとりであるローリー・デイビッドは腹立たしそうに「この映画には非科学的なものはなにもない。地球温暖化は今ここにもうすでにあることは純然たる真実なのです」と述べた。

いったい生徒たちは「延期された理由」に、なにを感じたのだろうか? 日本でもあと一週間ほどするとこの映画が公開されるし、アル・ゴア元副大統領も近く来日する。なにしろ世界一のコンドームをつくる国だから、アル・ゴアの映画も多いに受け入れられてほしいものであります。^^;

source: Federal Way schools restrict Gore film (Seattle Post-Intelligencer,Thursday, January 11, 2007)

arrow2 日本語版「不都合な真実」公式ウェブサイト

|

« 戦争の地図でなにが見える? | Main | 「兄」から「弟」へのメッセージ »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/13449803

Listed below are links to weblogs that reference 不都合な真実とコンドーム:

» 不都合な真実 [古谷千秋の食い倒れ日記]
前から予告編で気になっていた『不都合な真実』を観に行った。日曜日にはTOHOシネマズ5館でエコサンデーとして500円で上映中。 [Read More]

Tracked on Thursday, January 25, 2007 at 03:48 PM

« 戦争の地図でなにが見える? | Main | 「兄」から「弟」へのメッセージ »